メニュー 閉じる

なにかれ貿易

西から東から 思いを込めて。

 

少し前になりますが

私の友人2人が

西からツキネコにやって来ました。

 

そして偶然同じ日に

東から埼玉在中のミカさんも

ボランティアを兼ねて

ツキネコに来てくれていました。

 

まーくんの病気が

公表されてから沢山の人達が

まーくんに心を寄せていると思いますが

 

 

 

 

中には海を超えて

(海といっても津軽海峡ですが‥)

 

心だけでなく身体ごと来てくれる人達も

多くなって来ました。

 

私の友人、神戸在中の

「はくちゃん」のその一人。

 

お母さんと一緒にツキネコに来て

その翌朝、なんと早朝ボラを

手伝ってくれました。

 

この写真は朝6時に氷点下の中、

一人ツキネコの前にたたずむ

「はくちゃん」

 

 

 

「いや~ごめん!ごめん!」と

極寒の中5分も

遅れてやって来た私は

本当に 人でなしですね。

 

待っている間、猫の足跡を発見し

さらに、落ち込んでた

はくちゃんなのでした。

 

 

 

 

はくちゃんは神戸で

「地域猫」の活動をしています。

 

現在8匹の地域猫のお世話を

しているので

ウンチ取りも早い早い。

 

 

私が窓の外を見ながら

「これ終わったら

何のおにぎりを食べようか」と

考えている間に

 

 

初めての場所で

テキパキ動いていました。

 

さすが関西人。

 

 

 

ネネたんのごはんも

あげてくれたよ。

 

 

ちょっとオムツの上に

ご飯こぼしちゃったけど

ネネたん、満足そう。

 

 

実ははくちゃん。

 

ネネたんにご飯をあげている時

胸がいっぱいになって

泣きそうになってたんだって。

 

ネネたんを通じて

「食べることが生きることに

直結してるんだなー」と

ネネたんの体温に生命力を感じて

ずっと抱いていたかったと。

 

神戸に帰ってからも

ほんとに、この朝ボラをして良かったと

何度も言ってくれました。

 

これがはくちゃんの大事な

地域猫達です。

 

 

 

 

 

地域猫活動は、

たくましく生きる小さな身体に

少し支えの手を添えるつもりで

しているそう。

 

勿論、不妊手術等の

啓蒙も伝えつつ

でも一人一人にそれを

浸透させていくのは難しいので

大雑把に言うと「役割分担」。

 

ご飯だけあげて、大事な不妊手術を

してくれない人も多いので

はくちゃん達は

不妊手術と

トイレの始末は絶対に責任持つ。

 

生きて食べたら出るもんは出る。

出てしまったもんに

謝る必要はないけど

 

嫌な顔をせず掃除に行く姿勢が

大事なんだって。

 

日々同じく家のない子達の

お世話をしているという思いは

個人でも保護団体でも同じ。

 

この朝ボラをして猫達を見ていると

ツキネコに保護されて来た猫たちが

一匹でも多く里親さんの元に

譲渡されていけるよう

 

スタッフさん達が

一生懸命にお世話を

しているんだなというのが感じられ

 

胸がいっぱいになったと

話してくれました。

 

 

 

 

 

「神戸に帰ったら自分もまた

うちのエリアの地域猫を

世界一幸せな地域猫と思って

もらえるようがんばるよ!」

 

この言葉がすっごく嬉しかったです。

 

そしてもう一人、大阪から

2時間だけ弾丸でまーくんに会いに

ツキネコにやって来ていたのは

 

関西ツキネコ応援団の

ともえ姉さん。

 

ツキネコと出会った時に

このプレートに思いを込めて

贈って来てくれましたが

 

 

あの時からツキネコを

応援してくれている

気持ちは変わりません。

 

そして、ともえ姉さんの思いの詰まった

プレートの通り

ツキネコは今日まで沢山の

「人と猫」「人と人」を

つなげて来ました。

 

近くの人だけでなく遠くの人達にも

愛されているツキネコを見ると

 

継続すること、

そして前に進み続けることが

どれだけ大事なことか

どれだけ大変なことかを痛感します。

 

ツキネコは現在

クラウドファンティングに

挑戦中です。

 

11月28日にスタートし

すでに多くの方達の賛同を得ています。

 

ツキネコカフェ クラウドファンティング挑戦中

 

 

 

「保護猫達に寒い冬を

暖かい部屋で過ごしてほしい。」

 

私は難しいことは書けませんが

 

ただただ、

 

劣悪な場所で助けを求めている猫たちにも

様々なる理由で家族が手放した猫たちにも

今は外で頑張っている猫たちのためにも

ツキネコが必要なのです。

 

私は自分が経験したことしか

書けません。

 

こんな風に目から血が出た状態で

保護されてきた子猫が

 

 

 

こやって元気に生きている。

 

私はこの子の姿を見ると

一緒に保護された来て

天使になった子猫たちのことを

思い出して

胸がいっぱいになりますが

 

 

 

 

こやって生きているのは

この子の頑張りはもちろんだけど

 

やっぱりこの場所

ツキネコがあったから。

 

動いてくれた代表がいたから。

一生懸命にお世話してくれた

スタッフさん、

ボランティアさん達がいたから。

 

改めてこの場所があって良かったなと

心から思います。

これからもツキネコは

猫達に必要な場所なのです。

 

「花を支える枝

枝を支える幹

幹を支える根

根はみえねえんだな」

 

私の好きな言葉ですが

 

見えない根達はきっと

「ありがとう」や

「頑張って」の気持ちと共に

ツキネコが花を咲かせ続けるのを

応援していると思います。

 

 

11月の末に

はくちゃんがぽつんと

うんちを取ってた空間には

 

 

今は猫達が楽しそうに

走り回ってます。

 

めちゃ暖かいですよー。

猫達も幸せそう。

 

 

 

 

クラウドファンティング継続中です。

 

達成できるよう

みなさんの真心をどうぞ

よろしくお願いします。

 

 

 

余命宣告をされてしまった

まーくんですが

 

 

 

 

爪とぎ、二階に駆け上がる

ルーティーンは守ってます。

 

ある時はよその子のケージで

ちゃっかりお便所したり

 

 

ある時は

おやつ箱をかっぱがして

盗み食いしたり

 

 

 

ある時はびっくりする様な

場所で寝ていたり

 

 

まだまだ、まーくんらしい所も

沢山見せてくれてますが

 

たまに辛そうな時もあります。

 

なので毎日会っている事もあり

どうしても心が

「おたおた」してしまいますが

 

 

母ちゃんは、まーくんの事を

一番わかっているので

おたおたしていません。

 

その姿にはっと気が付き

おたおたしないようにしてる

ヘタレなモグです。

 

 

でも、まーくん聞いてや。

 

この前母ちゃんと

朝5時に起きて

一緒に北海道神宮に行った時、

母ちゃんおみくじで

「大吉」ひいて喜んでたんだよ。

 

 

 

 

まーくん、色々なひとが

応援しているよ。

 

自分の好きなこの場所で

ゆっくりゆっくり過ごしてね。

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

 

長屋からこんにちは㉜

 

札幌にもついに初雪がふりました。

 

一晩で3センチも

積もったそうですよ。

 

 

 

 

この季節になると外にいる

家のない猫たちに

思いをはせてしまいます。

 

特に小さい猫たちは

突然の白く冷たい異物に何を思うか。

 

なすすべもないでしょうね…。

 

 

 

 

札幌にもとうとうそんな厳しい

季節がやってきたのです。

 

翌日はツルツルの道になり

長屋に行く途中、あとわずか

3メートルのところで

コントの様に転んだおモグです。

 

 

 

 

今は早朝ボラをしているので

なかなか前のように

長屋のボラに入れていませんが、

 

ずっと通っていたので

やっぱり気になります。

 

長屋のドアにクリスマスリースも

飾ってきました。

 

痩せてるリースです(笑)

 

 

 

 

長屋のみんなは元気かな?

 

 

 

 

寒いのでギンちゃんも

くっつき虫になっていました。

 

 

 

そんな長屋では、いま

小さなミラコーが起きています。

 

10月のはじめに代表が

積丹へ旅行中に出くわした

野良猫5匹。

 

ごはんをくれるのではと

人間たちの姿を見つけると

いっせいに走って来たという

あのミラコー5を覚えていますか?

 

 

 

 

5匹の野良猫が走って来て

たまたまキャリーが5個あったという

あのミラコーな出来事。

 

 

 

 

 

 

そのうちの1匹

もともと人馴れしていた

ミラコーグリーンがさらに

ベタベタに慣れて

 

 

 

 

このたびトライアルが

決まりました!

 

 

 

ほんの少し前まで、野良猫として

野原を駆けまわり

わずかなお菓子等をもらって

飢えをしのいでいた子が

 

いくつものミラコーが重なって

こうして里親さんの腕に

抱かれているとは‥。

 

この子達は間接的に

そのうしろにいた仲間たちをも

助ける役目をしたんですよね。

 

世の中には説明のつかないことも

沢山あります。

 

そして2つ目のミラコーとは

 

瀬棚という町から保護された

なりちゃんという

長屋の新入りさんが

 

 

 

 

 

 

 

一年前に亡くなった

スタッフれなちゃんの愛猫

ミャーコさんに

そっくりだったこと!

 

野良時代は飢えのためか

ゴミをあさり

紐まで食べていたミャーコさん。

 

ツキネコに来てからすぐ

エイズ発症ということで

スタッフのれなちゃんの家で

看取りとして引き取られましたが

 

それから妖怪のように

口からアンを出しながらも

何年も生きた

愛すべき名物猫さんです。

 

 

 

 

 

 

 

ミャーコさんと

なりちゃん そっくりだね!

 

 

 

 

だって、この上目使いは

まさしくミャーコさん。

 

れなちゃんはミャーコさんが

亡くなってから

「ミャーコにまた会いたいよ

もぐちゃん、上目使いの猫がいたら

それはミャーコだと思うよ」と

ずっと言ってたけど

 

れなちゃん本人も長屋に見に行き

ミャーコにそっくりだ!という事で

写真を沢山提供してくれました。

 

瀬棚から来たなりちゃんは、野良猫で

エサやりさんから

ごはんをもらっていましたが

 

口からアンのようなヨダレも

たれていて高齢に見えた為、

「冬を越せないだろう」と保護され

 

ツキネコにやってきましたが

実際、病院に行ってみると

そこまで高齢ではないようです。

 

お口が痛そうなので

スタッフのみわさんが

薬を調合してくれてました。

 

 

 

食いもとても良く、

とてもベタベタの良い子です。

 

撫でると 上目使いに

なりながらも おちりが上がります。

 

 

なりちゃん。保護されてよかったね。

 

ミャーコさんの

生まれ変わり?じゃないかも

しれないけど

 

ミャーコさんみたいに

長生きするんだよ。

その前に家猫になれるよう

がんばろうね!

 

そして3つ目のミラコーは

長屋に入居した当時は

とにかく威嚇し続け

口から吹き矢も出て

 

何度もごはん皿を

落としてしまったほどの

あのチャメが

 

 

 

 

                                                                                                                                                                   

 

 

 

しばらく見ないうちに

びっくりするほど慣れていた事。

 

 

 

私にも自ら頭を出して

撫でて~と甘えてきましたが

 

こんな風に

甘えてくるようになったのは

 

スタッフのナオさんが

長屋に入った際に

チャメに一生懸命に話しかけ

根気よく撫でてあげたから。

 

 

以下ナオさんの証言です。

(可愛い写真も もらいました)

 

『最初は無理やり膝に乗せていましたが、

最近は自分から来てくれます。

 

ヒザも好きですがお腹の上で

寝るほうが好きみたいです。

 

 

こんなに慣れる前は、

結構噛まれたんですけど、

歯があんまりないので

そんなに痛くありません』

 

 

 

まさに「順化とかいて愛と読む!」

ですね。

 

でもね、チャメの場合は

順化されたんではなくて

元に戻っただけなのかも。

 

飼い主さんが亡くなり

知らない場所に来て

不安を隠すために威嚇していたけど

 

ナオさんの優しい手の

あたたかさで

幸せだった時間を思いだしたんだよね。

 

チャメはチャメに

戻っただけなんだよね。

 

 

 

 

今日も長屋の奥の部屋に入ると

来る日も来る日も

コタツの中に隠れていたチャメが

 

「ごはんちょうだいな」と

人懐こそうに姿を現し

甘えた声で鳴いるのを見て

感動すら覚えました。

 

 

これはミラコーというよりも

その向こう側には

たっぷりの愛情があったからですね。

 

チャメ、もっといっぱい撫でてもらって

そして今度は

チャメだけの優しい手を見つけようね。

 

長屋のみんなも

幸せになるんだよ。

春はもうすぐだよ!

 

 

 

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

 

 

猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命の輝き まさごろう

 

毎朝、新聞が来るより

早く家を出るモグです。

 

6月から早起きしてツキネコに

行ってますが、

 

その間、うちの新聞配達員のメンツが

早くも3人代わったのは

どうでもいい話しですね。

 

 

 

毎朝、私を迎えてくれた

チャコちゃんが卒業し、

最近は、まーくんが出迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

「おはよー」と入っていくと

なぜか必ず、

そこらにあるもので

バリバリと爪を研ぎだすまーくん。

 

 

そして、おもむろに

二階に上がっていく。

 

 

そう、それが彼の

長年のルーティーン。

 

私も一階のみんなに

朝ごはんを作り

ネネたんにトイレをさせる。

 

ネネたんが、砂にうんちを

してくれたら

その日はいいことがありそうだ。

 

そんな毎朝。

それが私のルーティーンです。

 

 

 

最近は二階の猫達にもごはんも

あげているのですが

 

食いしん坊のアバターは

ダイエットごはんを10秒で平らげ

さらにくれと鳴き続けます。

 

 

 

アバターにとって私は

ごはんも食べさせてない

嫁のヨシコみたいなもんです。

 

そんな中、私のルーティーンの中に

まーくんのごはん食いを見る」

という行為が1つ増えました。

 

誰にも何も言われていませんが

見ずにはいられないのです。

 

 

 

皆さんももう知っているとは

思いますが

 

まーくんが、舌ガンになってしまい

‥‥

余命宣告を受けてしまいました。

 

政五郎の明日

(ツキコネコブログ)

 

病状は聞いてはいましたが

このブログは‥。

 

だめだ。だめだ。

口の中の肉を噛みながら読む、

 

それでも涙が出てきます。

 

今まで見たことのない

まーくんのヨダレ。

現実が付きつけられたようです。

 

 

 

ブログが公開されてから

色々な人から

連絡をもらうようになりました。

 

先日、来てくれたのは

雪丸さんとシラタカさん。

 

7~8年前からのボラ仲間です。

 

 

雪丸さんは私のインコ仲間でしたが

猫も大好きなので

数年間、毎週水曜に

ボラに通ってくれました。

ネネたんが大好きで

歌を歌いながらネネたんの

世話していたのを思い出します。

のちにダニーの里親さんになってくれました。

 

 

 

シラタカさんは

何と、まーくんがきっかけで

ツキネコのボラを始めた人。

 

当時のシラタカさんは

保健所のHPを見ては

シクシク泣いていて

 

子猫は貰い手があるだろうから

大人猫を助けたいと思う毎日。

 

そんな中、保健所のHPに

まーくんが掲載され

 

保健所の福井支所の事務所で

飼い猫のように可愛がられていた

まーくんの写真を見て

 

気になって仕方なかったけれど

 

行動には移せないままにいた時に

3・11の震災が。

 

心の底から

「動物のために何かしたい!」と

思っていた矢先に

 

ツキネコがまーくんを保健所から

引き出したことを知り

 

それがキッカケでツキネコの

ボラを始めるようになったんだとか。

 

 

まーくんやツキネコは

間違いなく

シラタカさんの原点なんだそうです。

 

そしてもちろん、

いつもいつも応援してくれています。

 

月日がたち私達3人の

スキルが上がったとか

そんなのは分からないけど

 

ただ一つ間違いなく言えるのは

3人とも、あの7~8年前に

ツキネコでボラをしていたあの日よりも

 

今はもっと動物が好きになり

本気で動物のことを

考えられる様になったこと。

 

シラタカさんは自分で猫の保護活動を

していきたいという思いが強くなり

現在はニャン友さんで活躍しています

 

シラタカと猫のブログ

 

雪丸さんはその後、

大型犬のひゅうがを迎え入れ

ペットシッターの仕事もしています。

 

久しぶりに3人で会い

言葉を多く交さなくとも

 

3人それぞれの

まーくんの思い出を噛みしめながら

しゃがんでいました。

 

そして私達と同じように

どれだけ多くの人が

 

自分とまーくんの思い出を胸に

祈るような気持ちでいるのだろう‥。

 

もうずーっと前から

まーくんファンの

大阪のヤマモトくん。

 

見てください。

家がまーくんだらけ。

 

まーくんと、まーくんの間に

タイガース(笑)

 

 

 

 

どんだけ好きやねん!

 

 

泣けてくるわ。

 

本当に、まーくんが輝いている事で

どれだけの人の心を

楽しませてくれているか。

 

これだけ輝いてる命はないと思う。

 

 

 

今は、毎朝まーくんの姿を見て

ごはんを食べてくれるだけで

ほっとします。

 

 

 

あとのいろんな治療法とかは

かあちゃんが決めればいい。

 

そして、命のことは

まーくんが決めればいい。

 

全国から励ましの手紙も来ているよ。

 

 

いい写真だね。

 

 

映画「旅猫レポート」の

セリフじゃないけど

 

カフェでくつろいでるまーくんを見ると

こんな言葉が浮かんできます。

 

ぼくはずっと母ちゃんの猫だよ。

ぼくはずっとツキネコの猫だよって。

 

 

 

 

 

まーくん、ゆっくり過ごそうね、

そして明日の朝もまた会おうね。

 

 

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

 

 

 

寄り添う2人。いつか2人で。


いや~

寒くなりましたね~。

 

『ストーブなんていらねえよ!』と

イキがってたヤギ兄さんも

 

 

 

 

なりふり構わず

へばりついています。

 

 

 

ツキネコも古い建物なので、

朝晩は本当に冷えますが

 

なぜか24時間アツアツの

場所があります。

 

それは、まーくんの視線の上、

階段をあがって‥

 

 

 

ロミオとジュリエットに

出てきそうな手すりのむこうに見える

キャリア部屋。

 

 

 

 

そう、このキャリア部屋が

今どこよりも

アツアツの場所なのです。

 

2人仲良く

「尻まくら」をしているのは

小峠(ことうげ)と警部

 

 

 

聞かれてませんが

2人ともおっさんです。

 

 

小山のように大きいのが小峠。

 

 

 

鼻が長いのが警部です。

 

 

 

小峠は、つい最近まで

これまたオスの

ブルータスとラブラブでしたが

 

 

 

 

ブルータスが卒業してからは

すぐに警部に走り

2人のいちゃいちゃは止まりません。

 

 

 

身体が大きい2人ですが

おっかない所が一つもないのは

2人共とっても温厚だから。

 

ことーげは、「おたる樽猫」のメンバー

マキさんが

スノーボードをした帰り

 

 

毛無峠(けなしとうげ)の

八分目にて

しゃがんでいる猫を発見。

 

こんな雪深い峠では、

いくら身体の大きな成猫とはいえ

生きていけないと判断し

すぐに保護しました。

 

なんと2月22日の

〈猫の日〉だったそうです。

 

 

 

小峠は、はじめは「シャーシャー」と

威嚇していたそうです。

 

懐くまで一カ月以上かかったのも

きっと怖くて怖くて

仕方なかったんでしょうね。

 

 

 

懐いてからは、

優しすぎるため性格のためか

 

マキさんの家の1匹の猫と

相性が合わず

ここでにいるのは可哀想と思い

ツキネコに入居。

 

「毛無峠」で保護されたので

「小峠」という最高の名前を

もらいました(笑)

 

 

 

 

いっぽう、警部は

小樽キジトラ軍団出身。

 

長屋にいた頃から

長屋の治安を守り

みんなと仲良くできる

人格者でした。(猫格者?)

 

 

 

 

性格も優しくて温厚ですが

唯一の欠点は、鼻が長いこと

ではなく(笑)

 

トイレの後始末が

ガサツなこと。

 

 

 

 

お相撲さんが塩をまくように

砂をぶちまけてました。

 

キャリア部屋に入っても

豪快さはそのまま。

 

 

 

でもね、仕方ないんだよね。

育った家には

砂がなかったんだもん。

 

 

 

 

 

他のキジトラ軍団も

みんな砂でトイレができるように

なって、えらいえらい。

 

ただ警部‥。

家猫になるためには

もう少し、

加減して砂をかこうね。

 

実は、警部。

長屋にいた頃から私の事を

認識していて

ツキネコに移動してきても

覚えていました。

 

今は毎朝、ごはんをあげに

行っているので

完全に覚えたようです。

 

毎朝、帰る時は網のところまで

やって来て

ロングな鼻を網に押し付けて

別れを惜しんでくれます。

 

 

(音が出ます)

 

ここまで懐いてくれたら

胸にこみあげるものがあり

 

一匹だけならペットも可なので

一時は本気で引き取ることも

考えていましたが

 

ある日、

ことーげとの熱い接吻を目撃。

 

 

失恋しました。(笑)

 

小峠も警部も

猫が大好きなんだね。

 

こうやって寄り添いながら

仲良く過ごせる相手がいることは

幸せなことです。

 

毛無峠と、小樽の多頭から

やってきた2匹は

今、寄り添いながら心を通わせています。

 

でも、出来ればツキネコではなく

家猫として2人で

仲良く暮らせたら

これ以上の幸せはないでしょう。

 

もちろん一匹ずつでも良いので

家族にしてもらえたらなと

願うばかりです。

 

小峠と警部。

 

大きな2人。優しい2人。

 

いつか終の棲家が

見つかりますように。

 

それを願いながら

明日もごはんをあげに行きます。

 

 

 

 

 

 

みんな誰かの応援団

(マキさん写真提供

ありがとうございました)

 

 

猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

 

「生きたい!」の向こう側。

 

今年も残すところ

あと2か月。

 

おせちを買うべきかどうか

迷う季節がやってきましたが

 

2年前の大晦日に

おせちをひっくり返した

衝撃の出来事がよみがえり

躊躇している今日この頃です。

 

 

 

 

日もどんどん短くなり

私がツキネコに着く早朝6時は、

けっこうな暗さです。

 

 

 

そんな暗闇の中、

毎朝、私を迎えてくれたのは

 

小樽で保護された子猫。

「花園ギンジ」でしたが

 

 

 

 

 

ギンジが卒業してからは

同じく小樽で保護された

チャコちゃんが

出迎えてくれます。

 

 

保護された時は元気だった

チャコちゃんですが

 

一時期、自力でご飯を

食べなくなりました。

 

私は、あくまで

スタッフさん達が来るまで

朝ごはんや掃除をする役目。

 

でもね、やっぱり朝一番のご飯は

もりもり食べてほしい

そして元気な姿で会いたい。

 

なので、小さな脳みそをふりしぼって

チョイスしたご飯を

食べてくれた時は、

 

ほっとした気持ちで

店をあとに出来ます。

 

 

 

チャコちゃんもケージから

出て遊ぶようになってからは

 

同じ位の年齢のアカンボ達に

つられて自分で

ごはんを食べてくれるようになりました。

(シリンジで栄養もあげつつですが)

 

チャコちゃんと一緒に寝ているのは

自衛隊で保護された

「めいさい」です。

 

 

今は、我が家

チンピラ保育園で

元気にチンピラしています。

 

 

それぞれ小樽と倶知安で

捨てられてた子猫たち。

 

今こうやって生きていられるのは

その向こう側に

沢山の人達の勇気と愛情と思いが

あったからに違いありません。

 

 

 

10月に入り

『早朝ごはん隊』も、そろそろ終了だね。

また朝の散歩が出来るね。と

代表と話していた矢先に

 

積丹からミラコー5、

ミラコー子猫21にくわえ

岩見沢から12匹が入居し

 

 

 

 

 

 

ますます朝のごはんや

給餌が大切になってきました。

 

 

もちろん代表も早朝から

給餌やケアに来ています。

 

 

 

 

お互い様ですが、早朝なので

化粧なんてしてません。

 

何なら、目くちょも付けてるかも

しれません。

 

お互い「ひでー顔だね」と言いつつ

誰にも会わないことを祈りながら

掃除や給餌をしています。

 

エプロンもすぐにデロデロ。

神も仏もありません。

 

 

 

21匹で捨てられていたチームの

小さい子猫たち。

 

一番小さいキジの子は

給餌しても給餌しても

身体がペラペラ、

 

ご覧のとおり顔も痩せて

三角形になっていました。

 

 

 

 

代表も「危ないかもしれないね」

と心配していたほどでしたが

 

嬉しいことに

持ち上がったのです!

 

顔も身体もこんなに

ふっくらになりました。

 

 

 

 

 

今朝はもう、ケージの上に

乗って遊んでいました。

 

 

これは奇跡などではありません。

魔法をかけたわけでもありません。

 

生き延びた向こう側には

スタッフ達の懸命の

ケアがありました。

 

 

どれだけこまめな給餌をしたか

想像できます。

きっと指に「給餌ダコ」

出来ていたハズ。

 

私も毎朝、会いに行っていると

もう家族みたいな

気持ちになっています。

 

同じく積丹から来た

ぬいぐるみみたいに

可愛かった

ミラコー21の4兄弟。

 

 

 

少し身体が大きめだったにも関わらず

最初から調子があまり良く

ありませんでした。

 

心配していましたが

ある朝、給餌しようと部屋に入ると

1匹がトイレの中で

こときれてました。

 

どんなに頑張っても助けられない

命もあります。

 

当たり前に朝を迎えられない

命があるのを

身をもって経験しました。

 

残った3匹も

ほとんど自力で食べられず

給餌、給餌の毎日でしたが

 

ある朝、ダメもとでカリカリを

置いたら、3匹がいっせいに

食べていたのです!

 

 

 

その後ろ姿に

「生きるぞ!」という

力強さを感じました。

 

 

 

特に寝ていることが多かった

クリーム色の子が

 

今朝はなんとケージを

よじ登っていたのです。

 

 

 

これも、魔法をかけたからでも

何でもありません。

 

私の知らない時間で

スタッフさんたちの必死の給餌、

ケア、病院通いがあることを

知ってもらいたいです。

 

「生きたい!」の向こう側には

「生かしてあげたい!」という

ツキネコスタッフ達の

思いがあるのです。

 

 

10月30、31日で

代表とスタッフ全員で

積丹のTNRに向かいました。

 

一足先に帰ったスタッフが連れて来た

子猫たちを

早朝、ボラのカジさんと一緒に

給餌とケアをしましたが

 

あー、目がつぶれてる‥。

 

子猫たちが外で生きるって

本当に過酷だよな‥。

 

 

 

持ち上げるとすごく軽い‥。

 

 

 

 

生まれてはじめての

ドロドロごはんの味だね。

 

大人になるって

当たり前じゃないんだね。

 

 

 

カジさんが身体を拭くと

テッシュに

黒いスミのようなものが付くのです。

 

手足もきちゃないね。

がんばって生きてきたね。

 

 

 

この子たちも今日から

スタッフさん達の必死のケアが

はじまります。

 

譲渡会に出てる子や

お店で走り回っている子達。

 

 

その向こう側には

日々の代表や、スタッフ達の

仕事以上の愛情があることを

ぜひ知ってもらいたいたいです。

 

そして、「生きたい」の

向こう側には

きっと幸せが待っているはず。

 

 

私の当面の課題は

代表に「モグちゃん、子猫たちに不評だわー」と

言われる「もぐめし」をどう美味しく

食べてもらえるか‥。

(大高酵素を入れてます)

 

子猫たちに完食してもらえるよう

がんばるどー。

 

 

 

もぐめしは、マズイけど

早朝のお世話のあとに

作ってもらえる

代表のごはんは美味しいことを

ここに付け加えておきます。

 

 

 

 

 

魚は崩れてたけど

おいしかったで~。

 

さあ明日の朝も、会いにいくよ。

みんな元気に朝を迎えようね。

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

 

 
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

 

アバター。ぼくはここにいるよ。

 

朝晩、冷え込むようになってきましたね。

そろそろあったかい物が

食べたくなる季節です。

 

そんなわけで

今日はまかないに

あったかい豚汁をつくって

差し入れしてみましたー。

 

 

 

 

ところで、藪から棒ですが

みなさんのお宅では豚汁に

しらたきは入れますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しらたき論争に参加してくれたのは

21匹で捨てられていた

子猫21のアカンボたちです。

 

毎朝、ケアと給餌をしています。

 

 

 

 

こやって、ごはんをあげたあと

さらに給餌をして

やっとやっとなのに、

 

外にいたら、どんな栄養状態

だったのでしょう。

 

重ね重ね、いくつもの

ミラコーに感謝です。

 

さて肝心の豚汁は、代表に

「イモ固いわー」と

言われましたが

味は美味しかったようです。

 

 

もの凄い量を作ったので

余裕で余ると思いきや

 

な…なんと。

今日は総勢14名の

スタッフとボラさんが!

 

そう。今日は大事な日。

月に2回の

ツキネコの消毒日なのです。

 

 

子猫、成猫あわせても

おびただしい猫達の数。

ケアに消毒に

ごくろうさまです。

 

私は今日は

午前中に長屋の掃除に入ったので

ボラは終了。

 

2階のあの部屋に足早に急ぎます。

アバターの部屋です。

 

 

 

人が大好きなアバター。

 

近づくだけで、頭を網に

こすりつけ待っています。

 

 

 

『ぼくはここにいるよ』と

待っています。

 

中に入るとすぐに膝に

乗ってくるアバター。

 

 

 

そのうちに、通るスタッフさん

スタッフさんが

アバターに声をかけます。

 

みんなアバターが

可愛くて仕方ないのです。

 

スタッフのジェイミーは

むにゅー攻撃

 

 

 

 

 

エミさんは、ブラッシング。

アバー、よかったね。

 

 

 

これがアバターの現在の状態です。

ご覧ください!

 

血のぬらぬらもありません。

ほぼ完治しています。

 

頭皮が乾いているでしょう?

 

ハゲちらかしては

いますが、これくらいは

人間のおじさんでもいるでしょう。

 

 

 

 

 

ここまでになるなんて。。

アバ、ほんとうに頑張ったね。

 

「これで治ってるの?」と

首をかしげる方もいるかも

しれませんが

 

アバターは壮絶な状態を

生き抜いてきた子

だったのですから。

 

 

 

 

ジェイミーや

のどかちゃんに抱かれてる

アバターを見て

泣きそうになりました。

 

もう普通の猫だよね、

普通の可愛い猫だよね。

 

 

 

 

痛いのとか

痒いのとかとバイバイすると

顔もまーるくなるんだよ。

 

 

アバター。幸せになろうね。

アバターだけのおうちに

いったら

もっともっと甘えられるよ。

 

それまで、がんばって

声を出すんだよ。

『ぼくはここにいるよ。』って。

 

※アバターの傷は、ほぼ完治し、

たまに痒くて掻いた時のみ

軟膏やカラーをしているそうです。

 

猫が好きではないので

猫のいないおうちの方が迎えに

来るのを待っています。

 

長屋時代から見ていますが、

頭の傷がありながらも、

(どれだけ痛かったか)

 

どこか逞しさを感じていました。

 

これから残りの猫生を

保護部屋ではなく、

アバターだけの家でというのが

スタッフさんや私達の想いです。

 

甘えっ子のアバターを

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂
 
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

 

 

 

長屋からこんにちは㉛

 

久々の更新です。

早いものでもう10月。

 

世の中はハロウィンですね~。

 

日の当たらない長屋にも

平等にハロウィンはやってきます。

 

 

 

 

久々の長屋の様子は


どうなってるのでしょうか。

 

じゃーん。

ソファーカバーが

こんなにオサレになってました!。

 

ここは本当に長屋なんでしょうか。

 

 

 

ギンちゃんも、

目くちょはついてるけど

オサレに見えます。

 

 

 

相変わらず、長屋の民衆達は

私にはちっとも

なついてくれず、

 

ごはんをあげようとすると逃げるので

カーリングのストーンのように

お皿をしゅーっと

投げてあげてるのは内緒です。

 

 

 

 

でも、それが長屋。

 

なつかない子達が入居し

ある程度、なつくようになったら

ツキネコやニャイダーに

移動になります。

 

今はなかなかの

シャーシャーさんが2匹います。

 

一匹はチャメ。

 

チャメ 飼い主さんの元へ

最後まで一緒に暮らすという事〈チャメの場合〉

 

ご覧の様に

顔はとんでもなく

可愛いのですが

 

 

 

入居したての頃は、

「ぷはー!」と

よく空気砲を放ってました。

 

 

 

私も何度、

チビったか

分かりません(笑)

 

 

 

 

チャメは最愛の飼い主さんが

天国にいってしまい

 

環境が変わって

不安なだけなんだよね。

 

もともとは飼い猫。

飼い主さんの

愛しい子だったチャメ。

 

それが証拠に

最近はどんどん

落ち着いてきています。

 

 

猫じゃらしを振ると

この通り・・・

 

遊びはしませんが(笑)

 

 

でも、最初から比べると

顔つきも優しくなり

 

あるスタッフさんの事は

待ってるとの話しも聞きました。

 

いつかチャメの閉ざした心が

溶ける日がくればいいな~。

 

そしてもう一匹、

チャメよりもっとチビったのが

最近入居した

小樽からやって来た〈たそがれ〉です。

 

 

 

 

 

 

毎回ごはんをケージに入れるだけで

怒るもんだから

 

今日も、手がふるえて

ごはんを

かっぱがしてしまいました。

ごめんよ。

 

 

 

ケージの中を拭くのも

おっかないので

 

夜の人のために

電報を打っておきます。

 

 

 

たそがれも、

いつかベタベタになる日が

来るのかな。

 

それは家猫になった時かもしれないな。

 

その日を信じて

お世話がんばります‥。

 

 

 

先日、吉井代表がお友達と一緒に
 
積丹方面を
 
旅行していた際に
 
出くわしてしまった猫たち。
 
 
それも、たまたま
 
夕日を見ようと立ち寄った場所で
 
5匹の猫に遭ってしまったと
 
いうのです。
 
 
 
吉井さんたちの姿を見つけると
 
一目散に駆け寄ってきたそうです。
 
 
きっとお腹がすいていて
 
何かくれそうな人達に
 
見えたんですね。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
しかも触れるくらい
 
慣れていたそうです。

 

 
 
 
ふつーは、猫を連れて帰りたくても
 
そこは旅行中。
 
 
「今日の所は仕方ない」と
 
なるのが普通です。
 
しかし5匹駆け寄ってきたところに
 
なんとキャリーが
 
5個あったそうです。
 

なんというミラコー。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
近所の方に聞くと、
 
餌をあげていた方が
 
入院してしまい
 
猫たちは人をみると
 
 
ご飯がほしくて近寄ってくるのだそうです。
 

これは、この5匹の必死の
 
SOSだったんではないかと
 
思います。
 
 
‥にしても、猫が5匹に
 
キャリーがきっちり
 
5個だなんて。
 
 

これはもう

 

ミラコー5と

 

呼ぶしかないでしょう。

 
 
 
 
 
 
(カレンダー作成仲間の
 
スタッフのエミさんが

作ってくれました~
 
 
 
こうして長屋へと搬送されてきた
 
ミラコー5。
 
 
 
私は たまたまミラコー5が
 
やって来た初日に
 
長屋ボラに入っていたのですが
 
 
ごはんのあまりの凄い
 
食べっぷりに
 
笑うしかありませんでした。
 
 
 
 

 


 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

お腹すいてたんだね。

あたる日もあれば

あたらない日もある。

 

そんな日々だったんだろうね。

 

そして、このミラコー5が

代表たちのそばに

寄って来たことによって

 

さらにその後ろ側にいた

子猫たちが助かるとう

ミラコーを引き寄せたのです。

 

緊急のお願いです。

 

やりました!ご報告

 

 

世の中には本当に説明のつかない

事が多々あります。

 

最近、ツキネコの事務方が引っ越しを

したため、

事務所にはケージが5~6個のみ。

広くあいていたのです。

 

 

広くあいたとたん

21匹の子猫が

やってくるなんて。

 

 

これはもう前に

進むしかないという事ですね。

数々のミラコーと共に。

 

さて、もう夜があけます。

 

6月から雨にも負けず、

風にも負けず、

地震の日も続いている

 

早朝ごはん隊に出動です。

 

宮澤モグ子も微力ながら

がんばりたいと思います。

 

ごはんを待ってる

猫達のために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁

猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)
 
 
 
 
みんな誰かの応援団。
 
 
 
 
 
 
 
 

長屋からこんにちは㉚

 

久々の長屋ブログの更新です。

 

うっかりしていたら

もう秋ですね。

 

このひとつきは、カレンダー作りで

目がシバシバになって

聞かれてないけど

みんなに一気に老けたと言われました。

 

実は先日までツキネコでは

 

東急デパートで猫レクション」という

譲渡会と物販販売の

大きなイベントが行われており

 

 

 

 

 

カレンダー作りが終わる間もなく

このイベント用の

啓蒙パネル15枚と

募金箱2個を作りました。

 

しょぼい人生ですが

私の人生の中で一番

がんばったかもしれません。(笑)

 

 

張り切って作った募金箱は

ちょっと

デカすぎたようです。

風呂桶か。笑

 

がめついと言われそうですね。

 

 

でも、今までにない位

沢山の募金が集まったそうです。

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

啓蒙パネルは、心をこめて

作りました。

 

けしてうまくはないかも

しれないけど、

 

いろんな経験をした猫が

教えてくれました。

 

 

 

 

 

避妊去勢をしないことで

生まれてくる小さな命が

外で生き抜くことは

どんなにか大変か。

 

その過酷な現実を

自分なりに伝えたいと思いました。

 

そして、ツキネコでもこの2年で

10件以上手がけた「多頭飼育崩壊」。

 

「絶対に伝えたい」

そう心に決めた

案件がありました。

 

それは小樽ジキトラ軍団と、

姉妹多頭飼育崩壊の案件。

 

2件とも、レスキューした猫達が

長屋に入居。

 

あの頃毎日のように

お掃除に入っていたので

自分の言葉で伝えらると思ったからです。

 

 

ピンクのベットでおすまししているのは

私の鼻長彼氏

名前は「警部」

 

このひと夏でまた鼻が伸びたかな?

 

 

 

 

この鼻長彼氏は、今年1月に

仲間25名と共に小樽からこの長屋に

やって来ました。

 

それが小樽キジトラ軍団。

 

 

 

 

その時の衝撃と

全頭、引き受けるまでの思いを、

そばで見ていたので

それをパネルにしてみました。

 

 

 

 

 

 

キジトラ軍団を連れて来た当初は、

育った場所にトイレちゅーもんが

なかったからか

みんなトイレを覚えるのが大変でした。

 

あちこちに、うんちはするし

砂の代わりに代用してた

ペットシーツすら

 

パリコレの洋服みたいに

まとう子もいたね。

 

 

みんな元気に生きてるので

出るものは出る。

 

朝はトイレからハミ出した

大蛇との闘いだったような

気がします。

 

 

 

 

 

たまに爪にも入る(笑)

 

 

 

でも、どんどん慣れて来て

 

 

 

 

 

最初は、一匹一匹が

良くわからず

 

頭の中でのっぺらぼうだった猫達が

だんだん家族みたいに

思えてきたのだから

不思議なものです。

 

 

 

 

 

現在、キジトラ軍団は

半分以上が譲渡され

新しい家族が出来ています。

 

ケージが積み重なっていたあの日の

ことを思い浮かべると

何事も

明けない夜はないんだなと

しみじみ思います。

 

 

そしてもう一つパネルを作ったのが

忘れられない案件。

「姉妹多頭飼育崩壊」

 

アバター、ウッディ、バズ達の案件です。

 

 

 

 

 

 

連れて来た当初は、みんな傷口がひどすぎて

「肉片、シッコ、血。」

 

まるで「テレビ・洗濯機・冷蔵庫」の

三種の神器みたいな

壮絶な状態でした。

 

6畳✖6畳に60匹近くですもんね。

「適正飼育」がなされないことを

これほど憎んだことはなかったように

思います。

 

それを自分なりに描いてみました。

どんなにか痛かっただろう。

 

アバターの頭部の傷は

衝撃だったね。

 

 

 

 

おパンツみたいに

包帯をかぶらせてもらった

アバター。

 

その後はボランティアさん手作りの

命の襟付きカラーを

作ってもらい

どんどん良くなっていきました。

 

 

 

 

 

バズも首の傷が酷かったけど

スタッフのエミさんが

 

「湿潤療法」という治療を編み出し

いつも首の包帯を

替えてあげていたのを

思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッディーとバズは

長屋にいる時から

仲良しだったね。

 

 

 

 

 

 

その後、アバター、

ウッディー、バズは

ツキネコに移動。

 

アバターにはまだ里親さんが

決まっていませんが

 

ウッディーはスタッフさんの

身内にもらわれて行き

溺愛され幸せになっています。

 

バズも「バズがいい」という

里親さんの家にもらわれていき

家猫になりました。

 

ツキネコの里親の会で

アップされるバズの

幸せそうな姿を見ては

 

「よかったね、バズ、よかったね」と

嬉しくて何度、

顔がくしゃくしゃになったか

わかりません。

 

バズ。。

せっかく幸せになったのになぁ。

 

ようやく幸せをつかんだのに

バズが天国にいってしまいました。

 

飼い主さんのことを思うと言葉は

ありませんが

 

バズを家族にしてくださって本当に

ありがとうございます

という気持ちと

 

これから、もっともっと

幸せになったのにな‥という

気持ちがごっちゃになって

バズの写真を見ると

今でも涙が出てしまいます。

 

 

でも、あのもの静かなバズが

甘えられる場所が最後に出来て

バズは幸せだったんだな‥

そう思っています。

 

姉妹多頭案件。

 

あんな状態をみんな頑張って

乗り越えたかもしれないけど

 

でも、飼い猫にそんな思いをさせちゃ

だめなのです。

 

バズのことを

まぶたの裏にずっと置きながら

「適正飼育」の浸透を願い

これからも自分なりに伝えなきゃなと

改めて思いました。

 

バズ、来年のカレンダーに

バズの可愛い姿を使ったよ。

(これはラフですが…)

 

 

 

バズ、がんばったね。

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

多頭飼育崩壊。

家の中で苦しんでいる猫達が

一匹でも減りますように。

 

 

 

 

地震発生、停電の夜に。

 

9月6日 深夜の3時過ぎ

突然大きな揺れが…。

 

地震でした。

 

あわてて、本棚に囲まれてる

チンピラ保育園に走ります。

 

言われる前に言います。

地震が来たら一番ダメな部屋ですね‥。

 

 

 

 

案の定、漫画たちが

散らばってましたが


このくらいで済んで良かった。

 


 

 

幸い、園児たちにケガはなかったものの

再び揺れが来たら大変なので

3匹を居間に移動‥。

 

実際その間のことは

よく覚えていませんが

地震が多い釧路の友人から

 

「一人で大丈夫?こっちも停電。

すぐ水ためなよ。

風呂場とかボールとか

あらゆるところに」

というラインがあったので

 

あわてて

「みず‥みず‥。」と

水をボールにためてると

無情にも、あっちゅーまに断水に。

 

そしていきなりの停電。

(どっちが先か忘れたが)

 

それが、

長い長い夜のはじまりでした。

 

 

 

ここから現実と、

平和ボケしてる自分との

闘いが始まるのですが

 

充電が満タンだったことを

いいことに

 

友人たちとラインで

連絡を取りあっていました。

 

がしかし、さすがにアホの私でも

「停電なのに充電なくなったら

まずいだろ」ということに気が付き

携帯を自重。

 

そのまま、まんじりとせずに夜を過ごし

明け方、少し

しらじらしたところで

 

毎朝6時に通っている

ツキネコに早朝のごはんあげに

自転車で行ってみました。

 

 

停電しているので、

当然、信号も止まってます。

 

 

 

 

猫達が何十匹もいる

ツキネコはどうなっているのだろう‥。

 

子猫たちも心配でしたが

何と言っても

脳性マヒのネネたんが心配です。

 

店に入ると地震の衝撃で

商品が落ちていました。

あっ、妙玄さんの本が…。

 

みょーげんさん、痛くなかったかな。

 

 

ケージも倒れてました。

 

 

 

子猫たちは大丈夫だろうか。

みんな無事だろうか。

 

おっ、暗闇によじ登る

スパイダーマン。

 

大丈夫だ。無事だ。

 

 

 

ネネたんはいつものように

壺ベットに。

よかった、よかった。

 

 

 

 

 

 

少しだけ窓から差して来た

あかりを頼りに

子猫にごはんをあげてみると

 

小樽の花園町から来た

花園ギンジが

ガツガツ食べてくれました。

 

普段と同じ姿に救われます。

 

 

 

 

‥‥と6時頃、

また余震が。

 

徐々に分かって来たことですが

今回の地震は

震源地は厚真町で震度7。

 

「北海道胆振東部地震」という

名前が付けられました。

 

それから代表と合流。

どんなとが起きても、

ここは命を扱っている場所です。

 

他の施設の子たちにも

ごはんやトイレ掃除のため、

足を運ばなければなりません。

 

ニャイダーの掃除をすませ

ツキネコに戻ると

 

ご近所に住んでいる

ボランティアさん達が徒歩や

自転車で集まっていました。

 

こんな時、知った顔を見ると

本当に安心します。

 

抱きつきたくなります。

 

おまけに、停電の中、

代表が暗闇で作ってくれた

焼きうどんが美味しくて

心にもお腹にも染みました。

 

 

 

 

嫌いなピーマンがでかいな。

いや、、今日は喜んで食べよう‥。

 

 

 

 

みんなで食べた焼うどんの

美味しかったこと。

 

正直、札幌は地震も少なく

地震による停電の経験は生まれてから

初めてです。

 

本当に、普段どれだけ電気に依存

しているか、

思い知ら知らされました。

 

笑い話しではありませんが

断水になる前に

少しだけボールにためた水を

 

「腐らせたら困る」と

冷蔵庫に入れて

外出して来たのは内緒です。

 

 

 

ついつい、冷蔵庫は

電気がきてて当たり前、

冷えてて当たり前というのが

脳にこびりついてるんですね。

 

そういえば代表も、

停電でやることないし

洗濯でもしようと

思ったらしいです(笑)

 

地震発生の日は、

電気も水道も復旧することなく

 

太陽の光で充電する

このライトと

 

 

 

父親の形見の古いラジオが

本当に役に立ちました。

 

電池のラジオ、ありがとう!

 

 

 

長い長い停電の夜。

色々なことを考えていました。

 

阪神大震災は1月。

東日本大震災は3月。

 

1日だけでも被災者になってみて

それがどれだけ過酷だったか

今なら本当に分かります。

 

亡くなられた方もいるので

この季節でまだ良かったなどと書くのは

不謹慎かもしれませんが

 

それでも上着を一枚着て

そこらへんに

寝られる季節だっただけでも、

ありがたい事ではありませんか。

 

地震直後はコンビニもこんな感じ。

 

 

 

でも、今はナマモノ以外は

随分と買えるようになりました。

 

流通がどうの、詳しいことは

わかりませんが

 

今日ちゃんと卵が買えて

ちゃんとオムライスが

作れたことだけでも

日常の中のとても嬉しい出来事でした。

 

 

 

鶏肉が入手できなかったので

魚肉ソーセージを使いましたが

それもまた うまし。

 

あっ、ちなみに聞かれてませんが、

これはもぐライス」と言って

 

過去に、様々な字を書いて

差し入れしています。

 

 

 

何が44日なのか、

いまだにわからず(笑)

 

 

 

 

そんな感じで、工夫することで

普段使わない脳みそも

活性化してる気がしてます。

(あくまで気がしてるだけですが)

 

 

ツキネコも2日間お休みしていましたが

 

 



 

昨日から営業し

ラフィラでのイベントも再開しています。

 

 

 

 

 

私もさすがに地震が起きた当日は

自分のことで

いっぱいいっぱいでしたが

 

2日目からまわりが

見えるようになりました。

 

そして、同じように、

まわりを見てくれてる人達に

支えられてもいます。

 

 

助けるのは「つらいとき」だけじゃない。

誰かが「がんばっているとき」もそう。

 

 

今後、どうなっていくか分かりませんが

今できることを

前向きにがんばろうと思っています!

 

今日も差し入れ持って行きます。

 

 

お腹いっぱい食べて

人も猫も犬も鳥も


みんながんばろう!

 

北海道がんばろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空を飛んだゲンコ!衝撃の真相。

 

現在、チンピラ保育園にて

チンピラぶりを

いかんなく発揮してるゲンコ。

 

 

 

げんぞうという名前がついたけど

その後に

女の子だと判明したゲンコ。

 

<ぼく、げんぞう>

 

ついこの前、そのゲンコを

M町からツキネコに車で

リレーしてくれた

 

 

 



クリスさん夫妻と

ツキネコでお茶する機会があり

 

いつも素敵な

クリスさん夫妻の口から

 

ゲンコ保護の時の衝撃の

真相を聞いて

 

びっくりたまげたので

 

今回はわかりやすく

絵本風に再現してみました。

 

ゲンコの衝撃の

保護の真相です。

 

 

 

場所は札幌から

遠くはなれたM町。

 

6月のある日、

そこで写真館を営んでる

おじいさんが

 

水戸黄門の

再放送を見ていました。

 

 

 

 

それが由美かおるの

入浴シーンの時だったかは

定かではありませんが、

 

耳を澄ますと

遠くからミヤーミャーミャーと

猫の鳴き声が

聞こえたそうです。

 

はじめはテレビの音かと思ったけど

間違いなく猫の声なので

窓をあけてみると

 

なんとカラスが子猫をくわえて

飛んできたそうです。

 

それがゲンコでした。

 

 

カラスがくわえるには

ゲンコは

ちょっと重かったのか

 

カラスは1度ゲンコを

落としてしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

芝生に落ちるゲンコ。

 

しかしながら

当然カラスだって諦めません。

 

もう1回くわえて

飛んだそうです。

 

 

「大変だ!」

 

おじいさん、

水戸黄門をあとまわしにして

走りました。

 

 

 

 

もしもその時、

そのまんまカラスがゲンコをくわえて

飛び去ってしまったら

 

ゲンコはもう

この世にはいませんでしたが

 

ラッキーなことに、

カラスは再度、

ゲンコを落としたんだそうです。

 

 

 

 

 

走るおじいさん。

再び落ちるゲンコ。

 

 

 

そしてカラスが2回落としたことで

おじいさんは奇跡的に

ゲンコを助けることが

できたそうです。

 

 

 

地上に‥

そしておじいさんのあったかい

手のひらに

無傷で生きて戻ってこれたゲンコは

おじいさんに

無事に助けられましたが

 

哺乳の経験がないため

ツキネコにSOS。

 

ゲンコは札幌へと

搬送されてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はもりもり食べて

ぐんぐん大きくなって

 

東急デパートの譲渡会に

備えています。

 

 

 

‥にしてもゲンコ。

2回も空を飛んだなんて‥。

 

おっかなかったね。

がんばったね。

 

もしも、おじいさんが

水戸黄門を見ずに

外出していたら‥。

 

もしもカラスが落とさなかったら‥。

落ちたところに

石があったら‥。

 

沢山のもしもが絡み合って

それでも

すべて幸運に転がったゲンコ。

 

本当によかったね。

 

でも、外の世界はそうそう

うまくいかないのが現実。

 

ツキネコのブログに書いてあったように

「適正飼育」が浸透し

散ってしまう命がなくなる事を

願ってやみません。

 

こんな時に何ですが、

実はゲンコが

水をかけてしまったせいで

携帯が壊れてしまいました。

 

しかしながら

ゲンコにこんな壮絶な過去が

あったと知り

怒れない自分がいます。(笑)

 

空を飛んだゲンコのおかげで

園長先生は

数万円が飛びますが

 

結論としては

『生きててくれてありがとうです。

 

そしてこれからは、

水戸黄門の逆をいく

「苦あれば楽あり」の猫生を

生きていってほしいです。

 

 

 

 

乙女のトキメキ乙女のトキメキ乙女のトキメキ乙女のトキメキ乙女のトキメキ乙女のトキメキふんわり風船星ふんわり風船星ふんわり風船星
 
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫かざして募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)
 
 
 
 
 

 

光をもらった子猫たち

 

先日からチンピラ保育園で

預かっている

事故に遭い

目が見えなくなった子猫。

 

この小さな命が消えてなくなりませんように

 

 

 

見えなくなった目に

いつか光が差すようにと

 

「ひかり」と付けましたが

(ツキネコ名は シャイン)

 

あとからスタッフさんに聞いたところ

入院時、命の保証は

50 50だったそうです。

 

こんな小さな子猫に

何があったのでしょうか。

 

まる一日 胃の中に

何も入ってなかったらしく

衰弱していたそうですが

 

退院してからは、

ガツガツ食べてくれたので

それだけはホッとしました。

 

目が見えなくても

食べてくれれば ひと安心。

 

話しはそれからだもんね。

 

ただ、一回 頭を打ったからか

そこらへんに

シッコをしてしまいます(笑)

 


 

 

これだけの量のシッコ。

さぞかし気持ちが良かった

ことでしょう。

 

ついでに言うと

このトンネルのド真ん中に

うんちもしてました。

 

それってルール違反や~。

 

 

 

 

頭を打って 

トイレも忘れちゃったかな。

 

急に目が言えなくなって

不安からか

表情もオドオドしていましたが

 

 

 

 

 

ここは思いきって

チンピラ保育園に

投入してみることにしました。

 

前回のブログにも書きましたが

ここで思わぬ形で

いいアシストをしてくれたのが

 

自分もカラスに

追われていた所を助けられ、

地方の町から

ツキネコにレスキューされてきた

ゲンコです。

 

ぼく、げんぞう

 

 

 

 

正直、子猫同士の中では

相手の目が見える、見えないは

関係ありません。

 

ただ、じゃれつきたいだけ。

ただ遊びたいだけです。

 

 

 

 

 

遊ぶのに手頃な相手が

やって来たとばかりに

 

ひかりにヘッドロックを

かけていたゲンコ。

 

それが刺激になったのか

ひかりの行動が

だんだんと猫になってきました。