それは3月のとある夜。

 

ジリリリリリリ~~

ジリリリリリリ~~

 

 

ツキネコ署内に

けたたましい警報の音

鳴り響いた。

 

 

鼓膜が破れるほど

大きな警報の音だったが

 

 

リック刑事は

壁に顔がめりこむほど爆睡していて

気がつかなかった。

 

 

 

 

 

 

爆睡にくわえ、

もう耳が遠いのか…。

 

 

やむおえず、現場には

別の刑事が

駆けつけることになった。

 

 

現場にはあきらかに

ドロボーが入った形跡が…。

 

 

 

 

 

現場に駆けつけたのは

室蘭出身の

「ねぎま刑事」であった。

 

 

 

 

 

明らかに仕事が出来そうな

ねぎま刑事。

 

 

 

 

 

あたりまえの事を言っているのに

なぜか、かっこよく感じる

ねぎま刑事。

 

 

 

ねぎま刑事の一声で

さっそく防犯カメラを

見てみることになった。

 

 

むむむ。そこには

あわてて走り去る

風呂敷の姿が・・・。

 

 

 

 

 

 

あっ、風呂敷がとれた

 

 

 

 

 

 

そこに映っていたのは

あきらかに看板猫

政五郎の姿であった・・。

 

 

しかも、防犯カメラには

不法侵入をする姿や

 

 

 

 

無銭飲食をする姿まで

はっきりと

映っていたのである。

 

 

 

 

正義感の強い

ねぎま刑事は

決断した。

 

 

 

 

 

母親に電話をする

ねぎま刑事。

 

 

母親の動揺は大きく

すぐさま愛用のアイパットで

「弁護士」の検索をはじめた

 

 

14ちゃいとはいえ

子供は子供。

逮捕されたら大変だ。

 

母ちゃんも必死であった。

 

 

 

 

 

 

弁護士の知り合いはいなかったので

子供と一緒の

ほのぼの写真を掲載している

安全そうなところへ電話をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

これは客を呼び込む

「手」だということを

さしもの母ちゃんも

知る由もなかった。

 

 

朝から電話が鳴って

不機嫌なヤギ弁護士。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロもクロにしそうな

ヤギーレ法律事務所。

 

 

もともと真っ黒だけど

政五郎はクロにされ

逮捕されてしまうのか・・。

 

 

その時、ねぎま刑事が

母ちゃんに

びしっと言った。

 

 

 

 

 

長いものには巻かれろ感が

ありありだが

 

ねぎま刑事の勇敢な一言で

政五郎は晴れて

無罪となったのだった。

 

 

 

 

 

よかった。よかった。

 

 

事件が解決して

おねえちゃんの膝でくつろぐ

ねぎま刑事。

 

 

 

 

 

 

そんなねぎま刑事は

室蘭の保健所から来ました。

 

「やきとり」と「ねぎま」

2匹で室蘭の保健所からツキネコに

やってきました。

 

ねぎま刑事はFIV

(猫エイズキャリア)ですが

現在はもちろん元気いっぱい。

 

撫でられる事や

人の膝の上が大好き。

 

しかも、他の子が膝の上に

乗りたそうにしていたら

膝を譲ってあげる

本当に優しい男の子です。

 

 

 

 

 

 

ツキネコの

「キャリア部屋」にいますので

ねぎま刑事に会いに来て

膝に乗せてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば今回は出番が

少なかったリック刑事。

 

 

 

 

 

夢の中で

「万馬券」を獲ったことを

ここに付け加えておこう。