Menu Close

新連載!こちらヤギーレ法律事務所①

 

札幌のある猫カフェの

かたすみに

夫婦ふたりで経営している

小さな「弁護士事務所」があった。

 

 

はじめたばかりの

この事務所の名は

「ヤギーレ法律事務所」

 

 

まだ全く儲かってもいないので

ソファーもボロボロ。

 

 

 

 

それでも2人で

苦労して立ち上げた

弁護士事務所であった。

 

所長の名前は「ヤギーレ」。

 

この顔でも

れっきとした弁護士である。

 

 

 

 

 

 

今日から

ここに相談にやってくる

猫たちの人生模様を

 

相談者たちの「卒業」への願いをこめて

連載してゆきたいと思います。

 

 

まずその前に

ヤギーレ法律事務所について

説明しておこう。

 

 

ヤギーレ法律事務所は旦那の

「ヤギーレ」が弁護士。

 

 

 

 

美人妻の「ギン」が

秘書をしています。

 

 

 

 

妻のギンは、目を細めて

さらにボカして見ると

かなり美人であった。

 

 

 

 

とても働き者で

39度の熱があって

白目をむいて倒れこんでも

相談者のことを真剣に考えているような

しっかり者の秘書であった。

 

 

 

 

旦那のヤギーレは

この仕事をする前は

JRAにいりびたってる

ただのギャンブラーだった。

 

 

 

毎レースこてんぱんにやられ、

子供のミルク代にまで手を出す

悪いオヤジだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、わかってはいるが

やめられないのがギャンブルだ。

 

 

しかしさすがのヤギーレも

赤ん坊や鼻水たらして泣いている

妻のギンの顔を見ていたら

 

 

 

 

こんな生活とは

もうオサラバしようと

決心したのである。

 

 

 

 

 

 

もともと頭は良かったヤギーレ。

 

さっそくギャンブラーから足を洗い

弁護士になることを決意。

 

 

 

猛勉強の末、

晴れて一発で

弁護士試験に合格したのだ。

 

 

苦労した分表向きは

相談者の痛みのわかる

弁護士になったヤギーレだった。

 

 

 

 

 

弁護士の仕事も軌道に乗ったある日。

 

ヤギーレのもとに

珍しく女の子の

相談者がやって来た。

 

 

 

 

ヤギーレのもとに相談にやって来たのは

何とニャイダーハウスの

「ゆりちゃん」だった。

 

 

 

 

最初は緊張していた

ゆりちゃんだったが

お金のことになると

急にハキハキしだした。

 

 

 

 

 


さすが、若く見えるが

子供も生んだことがあるゆりちゃんだ。

 

 

ヤギーレには騙されないぞオーラを

ぶっ放しているゆりちゃん。

 

果たしてゆりちゃんヤギーレに

どんな相談をしにやってきたのか!!

 

 

次回に続く・・・

 

 

 

 

© 2017 なにかれ貿易. All rights reserved.

Theme by Anders Norén.