札幌のある猫カフェのかたすみの

夫婦ふたりで経営している

小さな弁護士事務所。

 

事務所の名は

「ヤギーレ法律事務所」

 

経営してるのは 

旦那のヤギーレと

美人妻のギン。

さてさて、今日は

どんな迷える

相談者がやってくるのやら‥。

 

 

 

 

今日はヤギーレの所に

スーパーマンの恰好をした

相談者が。

 

大好きな母ちゃんのために

どんな相談をしに来たのかな?

 

みなさんも相談者と一緒に

「多頭飼育崩壊の明けない夜明け」について

考えてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

早いもので

10月になってしまった。

 

気のせいか

だんだん顔が似てきた

ヤギーレ夫妻。

 

 

 

 

 

こうして見ると

この夫婦は

ノムさん、サッチー以上に

顔がそっくり夫婦である。

 

美人妻のギンの今の悩みは

お肌の乾燥。

 

粉がふいているのか

化粧もヨレ始めて来ている。

 

 

 

 

その亀裂の入った顔を見た

ヤギーレはついに決心する。

 

愛するギンのために

加湿器を買うことを!

 

そしてさらに気がデカくなった

ヤギーレは

加湿器だけでなく

ついにソファーを買うことも

決意したのである。

 

 

 

 

その時である・・。

 

なんと2カ月ぶりに相談者が

やってきた。

 

 

 

 

 

しかも相談者はスーパーマンの

恰好をしていた。

 

 

 

 

 

自分の顔も相当やばいことに

気がつかない

ヤギーレ。

 

 

 

 

 

 

優しいギンのその一言で

相談者はポツリポツリと

話し始めた・・。

 

その話しは母親でもある(設定)

ギンの胸にも重く響いていた。

 

 

 

政五郎の母ちゃんは

猫を助ける仕事をしていた。

 

でも最近、とても大変な案件を

抱えていて

悩んでる姿を

よく見かけるようになったというのだ。

 

 

 

 

 

 

 

母ちゃん大好き政五郎は

自分がスーパーマンみたいに

強くなって

母ちゃんに笑顔になってほしくて

この恰好で相談に来たようだ。

 

 

 

今にもコサックダンスを

踊りそうな政五郎だが、

 

その政五郎の母ちゃんが

代表なっている

ツキネコがレスキューに入った

大変な案件とはこれだ。

 

札幌の小さなアパートの

6畳と8畳に猫が60匹。

 

姉妹は、精神的に不安定のため

働くことが出来ず

猫のご飯代もままならなくなり

ツキネコにSOSが入ったのだ。

 

部屋に入った時の

猫達の様子は何かを諦めているのか

無気力、おとなしい。

 

そして明らかに治療が必要な猫も

沢山いたそうです。

 

多頭飼育崩壊案件~ある姉妹の場合

多頭飼育崩壊案件~ある姉妹の場合(保護部屋編)

多頭飼育崩壊~ある姉妹の場合

アバターと仲間たち

 

(画像に皮膚の状態の悪い猫達の写真が

ありますので苦手な方は

高度なテクを使って

文字だけ読んでください。笑)

 

過去にも本当に

何十という

多頭飼育崩壊現場の

レスキューに

入っているツキネコ。

 

その中でも猫の状態は

「一番切なかったよ」

代表がポツリと言ってました。

 

 

 

 

昨日、保護部屋である長屋を

覗いて来ました。

 

併せて月寒の子たちが

入居している「長屋」と言われる

保護部屋で

 

掃除やお世話に入っている

代表、ゆかりさん、さきえちゃんに

現在のアバター達の

話を聞いて来ました。

 

今の長屋っ子たちの現状です。

この話しを聞いて

沢山沢山 想像してみてください。

 

過去のこの子たちの生活を

垣間見たような気持ちになりませんか?

 

私は何か泣きそうな

気持になりました。

 

 

 

 

~~~~ボランティアさんの言葉~~~~~

 

【今までの多頭飼育の子が

入って来たのと違うのはね

掃除のとき、

毎日のように肉片が落ちてるんだ。

 

かさぶたみたいなのも

わさわさ出てきたよ。

 

最初ケガして入って来た子が

血しぶきだしてたけど

それがかさぶたに

なっただけだと思うから

良いことだ。←スゴイ。。(涙)

 

アバターみたいなカラーしている子は

カラーごと掻き毟ってる。

 

 

 

 

この子達のケガの原因が

ケンカというのが

切ないなー。

 

6畳と8畳に60匹だもね。

狭くてストレスたまって

そらケンカにもなるわ。

 

ケージ管理している

でかいオスなんて

頬に玉がはいってるし。

 

(注釈・・未去勢のオスは

ほっぺに玉が出来ます。

モデルは

西野案件で私が命名

当時の頬ぶくろ☆はれおです。)

 

 

アバターはごはんを食べる時

ときどき要介護だけど

それも可愛いのです。

 

 

カラーがひっかかるのと

まぶたがひきつれて良く見えないので

上手く食べられないみたい。

 

でも量はすごーく良く食べる。

 

ケガはそのうち治ると思うし

家猫になったら

甘えん坊のかわいいヤツだと思います。

 

ウンチもそのへんに良く落ちてる。

未去勢の奴の

マーキングもすごい。

 

あの子らはトイレを

知らないんだと思います。

(現地では新聞紙を使っていた)

 

トイレに慣れたら

トイレでちゃんとする様になると

思います。

 

長屋に来た時は目にしみるくらい臭くて、

ケージが下痢の海って

こともありました。

 

トイレを覚えた子もいるので

そのうちみんな覚えていくと思います。

 

代表がお風呂に

入れてくれたんですけどね。

やつら、まだまだ臭いです。

 

多頭飼育案件で悲しいのは実は

匂いなんじゃないかと思います。

あんなきれい好きの生き物が

こんな風に飼われて。。

ひどく悲しいことだと思います。】

 

以上がお掃除にはいってくれた

ボラのさきえちゃんの言葉です。

 

飼い主の姉妹は

自分達の出来る範囲で掃除をして

ごはんもあげていたというけれど

 

やはり「適正飼育」の

四文字が胸に沁みます。

 

それでも、こんな大変な子たちを

【ほとんど全部エイズだ】

【あちこち、うんこしまくってる】

【外見が、皮がむけたりひどい・・】

 

何て思わないで

トイレを覚えたら~

傷が治ったら~

 

そんな風に前向きに

愛情をもって優しい気持ちで

自ら掃除に入る代表や

お世話をしてくれる

スタッフ・ボラさん達がいることに感謝です。

頭の下がる思いです。

 

 

 

 

話しを聞いていたヤギーレ。

いきなり男を見せ始める。

 

 

 

さすが見た目はアレだが

人情話に弱いヤギーレ。

 

 

 

リアルでは超仲の悪い2人だが

それは置いといて(笑)

 

2カ月ぶりの相談者に

相談料をもらうどころか

寄付までしてしまった

ヤギーレ。

 

これからギンの亀裂の入った顔は

加湿器なしで

大丈夫なのだろうか・・・

 

 

 

「ヤギーレ法律事務所」に

新しいソファーがくるのは

いったいいつになるやら‥

 

続く。

 

 

 

ヤギーレも寄付をしてくれた

姉妹多頭飼育案件。

 

アバターなど

皮膚病の治療を受けなければならない子が

他にも沢山います。

 

最初はケンカをしたから

こんな酷い状況になったんだと

思っていましたが

 

劣悪な環境のためほとんどの子に

耳ダニがいて

その痒さで掻き毟ったために

出来た傷もあるそうです。

 

生活状況が困窮しているため

飼い主の姉妹からは

かかった分の医療費等は

見込めません。

 

一匹、一匹の子が里親さんの

もとにいけるよう

ツキネコ側でケアが必要なため

 

皆さんの真心をぜひ

よろしくお願いします。

 

 

 

 
 
 
 
寄付については
下記のネットショップにて受付しています。
 
☆BASE(ツキネコ ネットショップ)
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
☆yahooのネット募金はコチラ
🔻

 

 

 

 

この子たちも

たくさんの愛情を受けて

これから今までできなかったことを

ひとつひとつ出来ればいいな。

 

今回ボラさんが

色々な事を教えてくれたけど

かなりリアルでした。

 

だけど、こーゆう

人の経験とぬくもりがある

情報こそ心強いし

猫をおもう気持ちがしみじみ

嬉しく思いました。

 

猫達は大丈夫です。ここにきたら。