先週、ツキネコ代表の吉井さんと

伊勢神宮に行ってきました。

 

 

 

 

飛行機に乗っての旅!

 

吉井さんと飛行機に乗るのは

3年半前の京都旅行を発端に

これで3回目になります。

 

今でも忘れられないほど

歴史的に珍道中の

京都旅行は

友人のえったん、

大阪のトモエとの4人旅で

 

 

 

 

出発の際には、

私が手にチケットを握りしめたままま

「チケットがないー」と大騒ぎし

飛行機を止めてしまったり

 

京都に着いたら着いたで

えったんが

修学旅行生の列に入って

記念撮影をしたりの

笑いっぱなしの旅でした。

 

この子らももう

大学生か社会人になってるんだろなー。

 

 

 

 

 

その後は盛岡や道内あちこちに

行きましたが

「いい旅」とは人と場所がセット。

 

それが全部ごっちゃになっての

いい旅なんだな~と

それだけはすごく思います。

 

だって最後、お空に持っていけるもは

そんな大切な人達との

良き思い出だけだもんね~。

 

 

 

 

 

世代的にだんだんと「神社仏閣」に

足が向くことが多くなってきた

今日この頃。

 

なので吉井さんから

「お伊勢さんに行かない?」

声をかけてもらった時

 

2つ返事、

いや3つ返事で「行くーーー」と

叫びました。

 

大阪のトモエからも

お伊勢さんは「気」が違うでと

鼻の穴をふくらませながら

散々言われていたので

 

行くだけで何かとてつもない

パワーを

もらえそうな気がしたのです。

 

だって単純だけど

「神社」の王様だもんね~。

 

あいにくの雪の中。

朝7時前に札幌から

名古屋の空港へとむかいました。

 

 

 

 

伊勢神宮は三重県に

あるものの

空港は名古屋で降りるので

 

そこから急行やら何やらを

2つ乗り継いで「伊勢」へ。

 

思った以上に、

移動に時間がかかったので

その日は

内宮前の「おかげ横丁」で買い食いしながら

横丁をぶらぶら。

 

 

 

 

 

歩きながら牡蠣フライ、豚串、牛串、

ざらめ煎餅、みたらしを買べるのは

何と楽しいことか!

 

沢山美味しいものは

あったけど、

最高に「うわっー」と声が出たのは

 

揚げたてのイカ焼き。

 

マヨネーズつけて

パリパリ香ばしい中に広がる

イカの旨み。

もうこれ優勝です!

 

 

 

 

 

 

 

そして伊勢と言えば

「伊勢うどん」と「赤福」

 

しかしながら麺の中でも

うどんは

さほど好きではないので

 

まあ食べてみるかくらいの

テンションで挑んだ

「伊勢うどん」でしたが

 

タレにまみれた

うどんを一口すすったとこで

思わず

叫びましたー。

 

「なんやこれー!めちゃ美味しい」

 

 

 

 

 

 

 

あんまり「美味しい、美味しい」と

書くと嘘くさいけど

10回は言っただろうか。

 

麺にコシがあるのかな?と思ってたのは

大間違いで

どちらかというと柔っこい。

 

ダシというかスープは

どんぶりの半分もなくて

その黒い甘めの

ダシをまぜまぜして絡めると

 

あっちゅーまに喉にゴボゴボ入る感じ。

 

 

 

 

 

ほどよくお腹が満たされて

オヤツ感覚でぺろっと

食べてしまいました。

 

そして結局、帰る日のギリギリまで

この伊勢うどんを

堪能した2人なのでした。

 

 

 

 

「おかげ横丁」には

それぞれの店にその店にあった

ユニークな猫の

オブジェがありました。

 

この体形が他人とは思えない

猫のオブジェは

「もりわじん」さんという作家さんの

招き猫。

 

いや~めんこすぎー。

 

 

 

こっちは、のんびり大の字で

寝ている猫さん。

 

思わず、「うん、起こさないよ~」と

声がでそうなのんびり感。

 

 

 

 

どこに行っても

猫の物に目がいくのは

仕方ないとしても

 

こんなとこにまで

本物の猫がいるのね。

 

 

 

完全に餌やりさんがいる風景だったけど

サクラ耳ではなかったから

増えていってるのかな。

 

町のみんなに

愛されていればいいのだけど‥。

 

猫ボランティアをする様になってから

その土地で野良猫を見ても

「可愛い」なんてミジンコも

思ったことはなく

 

その背中を見送りながら

「頑張って生きてくんだよー」と

祈るような気持ちになってしまいます。

 

だって、この猫のオブジェみたいに

のんびり昼寝が出来る

環境ばかりじゃないもんね。

 

ここも野良猫達みんながのんびり

目を細めて眠れる町だといいな・・

 

 

 

 

さて翌朝、横山展望台で

日の出を拝んでから

 

 

いよいよお伊勢参りです。

 

伊勢神宮はいくつもの

お社から構成されています。

 

 

すべての宗教は自然への畏怖と

敬意からはじまり

自然に中にあるすべてのものに

神が宿ると言われます。

 

 

さすが2千年の歴史。

 

この木たちから

何とも言えぬ「気」を

ビシバシと

感じました。

 

 

 

 

木たちも「ピサの斜塔」の様に

ピサってます。

 

 

 

初めてのお伊勢さんは、やはり

趣きがあって

自然と無言になりました。

 

ここからはあまり写真を撮ってませんが

玉ジャリを踏みながら

神妙な気持ちで

正宮に進みます。

 

神社の中に川が‥

 

伊勢神宮の象徴

「五十鈴川」です。

 

しかし神妙なのは形だけで、

川べりに座りながら

友達とスマホをしてるうちに

うっかり2人で来ていることを忘れ

 

吉井さんにマジで

置いてかれそうになったのは

内緒です。笑

 

五十鈴川で顔を洗って

出直せばよかったな。

 

 

 

 

内宮の池の錦鯉たち。

 

 

金色のデカい子がいました。

見るだけで金運あがりそう‥。

 

 

 

 

 

日本最高の神社は

すごいパワーを持ってました。

 

予備知識なしで

くるのも全然アリだと思います。

(お前は誰だ)

 

これから先

いろいろあるだろうけど

2千年の気を浴びたから

きっと大丈夫みたいな

変な自信が確実に宿ってます。

 

そういえば、3日連続でレンタカーで

「宇治山田駅」と「伊勢駅」を

バミューダトライアングルみたいに

ぐるぐる回ってしまったのは

何故なんだろう。

 

お伊勢さんのパワーに加えて

吉井さんのパワーも加わったからかな。

 

 

伊勢。

いつかまた絶対に来たい場所です。