これは最近、本当に

あった話しです。

 

信じるも信じないも

あなたしだいです。

 

この「事件は長屋で起きた!」の実話を

まとめてみました。

 

 

 

 

そんな鼻の長い

織田裕二はいないで。

 

事件は湾岸署‥

いや長屋で5月18日~

5月19日の間に起きました。

 

19日の朝、スタッフさんから私に

悲痛な声で電話が入ったのです。

 

「もぐさん、

長屋の鍵があかないんです」

 

なぜ私のところに電話が来たかというと

私が前の夜に

長屋のボラに入っていたからです。

 

鍵はあるものの

ドアがあかない。

 

「何かやらかしたかもしれない」

 

そんな胸騒ぎもあり

すぐさま長屋に行ってみましたが

 

 

鍵穴にカギを入れて

右にまわしても

左にまわしても

ビクともしません。

 

優しいスタッフさんは

けして私のせいではないと

言ってくれましたが

 

私にはニャイダーハウスオープンの時に

代表の吉井さんと

スタッツフのレナちゃんを

閉じ込めて帰った前科があります。

 

 

自分で自分のことも

信用できなかったのですが

 

ただ前日、間違いなく

ドアにカギをかけて

帰った記憶はあります。

 

 

スタッフさんによると

鍵穴が上下に2つあり

何かの拍子に下のカギが

閉まってしまったらしく

 

素人にはどうすることも出来ず

やむおえず

カギ屋さんに連絡をして来てもらい

ドアをあけることになったそうです。

 

 

ここから先は

スタッフさんの証言を元に

再現しています。

 

 

カギ屋さんが到着し

カギをあけて中に入ると

 

何とキジトラ4匹が

廊下に出ていたそうです。

 

 

 

詳しく説明すると

紙袋に隠れているのが警部で

 

他に3匹のキジが

廊下に出ていたそうです。

 

 

 

 

 

前にも居間のドアを

猫たちがあけてしまい

廊下に出ていたことがあるそうなので

 

色々なことを総合して考えてみると

居間のドアを

あけられる猫がいて

 

みんなで廊下で遊んでいるうちに

ドアがしまってしまった。

 

 

問題はそのあと

 

 

 

みんなで何とか脱出しようと

わちゃわちゃやっているうちに

 

予備の内鍵がおりて

カギをかけた状態になってしまった。

(今はテープを貼っています)

 

 

そしてカギをおろすには

ある程度の体重が必要なので

 

犯人は大柄な

警部ではないかという

結論に達しました。

 

 

 

 

 

 

長屋の治安を守るはずの警部が

カギを破壊することに

なるなんて

恰好のネタになりましたが

 

カギ屋さんには

3万も払うことになりました。

 

ちーん。

 

今はこのように

外から猫砂でドアを押さえ

出られない様にしてあります。

 

 

 

 

警察関係者なのに

前科がついてしまった警部は

 

近くツキネコに

送還される予定だそうです。

 

 

 

 

そんな器物破損容疑の警部は

心優しくてベタ慣れの子です。

 

皆さんどうぞ

鼻の長い警部を

どうそ宜しくお願いします。

 

そして3万円は警部が

ローンで払うことになったことを

ここに付け加えておきます。

 

 

 

 

 

 

長屋ブログをはじめた頃

ずっと伝え続けていた

 

アバター

ウッディー

バズの3人たち。

 

長屋ボラに入った当初は

3人共まだ傷が酷い時期で

行くたびに、

肉片や血を見ていた子達。

 

日を追うごとに

スタッフさん達の献身的なケアや

本人たちの逞しく生き抜く力に

勇気をもらい

 

私自身もミジンコくらいは

成長させてもらった

忘れられない子達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃はケアも

一番大変な時だったので

 

この子達が譲渡される日が来るなんて

想像がつかなかったけれど

 

バズとウッディー。

 

ウッディーは

永年預かりが決まり

家猫になりました。

 

ウッディーは

この優しい手の持ち主。

 

スタッフのどかちゃんの

おばあちゃんの家に

もらわれていきました。

 

 

 

バズも「この子がいい」と

言ってくれた家族のおうちに

永年預かりが決まっています。

 

譲渡が難しいと思ってた子達も

いつかその子だけの

「優しい手」に

出会うことができるんだね。

 

バズ、ウッディー、

おめでとう、本当におめでとう。

幸せになってね。

 

日の当たらない長屋の子達も

ツキネコやニャイダーに移動して

どんどん幸せにいって欲しい。

そう心から願っています。

 

私は勝手に呼んでいます。

 

「長屋と書いて希望と読む」

希望は捨てたらあかんで~。

 

 

みんな誰かの応援団。

 

 

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫かざして募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)