毎朝、新聞が来るより

早く家を出るモグです。

 

6月から早起きしてツキネコに

行ってますが、

 

その間、うちの新聞配達員のメンツが

早くも3人代わったのは

どうでもいい話しですね。

 

 

 

毎朝、私を迎えてくれた

チャコちゃんが卒業し、

最近は、まーくんが出迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

「おはよー」と入っていくと

なぜか必ず、

そこらにあるもので

バリバリと爪を研ぎだすまーくん。

 

 

そして、おもむろに

二階に上がっていく。

 

 

そう、それが彼の

長年のルーティーン。

 

私も一階のみんなに

朝ごはんを作り

ネネたんにトイレをさせる。

 

ネネたんが、砂にうんちを

してくれたら

その日はいいことがありそうだ。

 

そんな毎朝。

それが私のルーティーンです。

 

 

 

最近は二階の猫達にもごはんも

あげているのですが

 

食いしん坊のアバターは

ダイエットごはんを10秒で平らげ

さらにくれと鳴き続けます。

 

 

 

アバターにとって私は

ごはんも食べさせてない

嫁のヨシコみたいなもんです。

 

そんな中、私のルーティーンの中に

まーくんのごはん食いを見る」

という行為が1つ増えました。

 

誰にも何も言われていませんが

見ずにはいられないのです。

 

 

 

皆さんももう知っているとは

思いますが

 

まーくんが、舌ガンになってしまい

‥‥

余命宣告を受けてしまいました。

 

政五郎の明日

(ツキコネコブログ)

 

病状は聞いてはいましたが

このブログは‥。

 

だめだ。だめだ。

口の中の肉を噛みながら読む、

 

それでも涙が出てきます。

 

今まで見たことのない

まーくんのヨダレ。

現実が付きつけられたようです。

 

 

 

ブログが公開されてから

色々な人から

連絡をもらうようになりました。

 

先日、来てくれたのは

雪丸さんとシラタカさん。

 

7~8年前からのボラ仲間です。

 

 

雪丸さんは私のインコ仲間でしたが

猫も大好きなので

数年間、毎週水曜に

ボラに通ってくれました。

ネネたんが大好きで

歌を歌いながらネネたんの

世話していたのを思い出します。

のちにダニーの里親さんになってくれました。

 

 

 

シラタカさんは

何と、まーくんがきっかけで

ツキネコのボラを始めた人。

 

当時のシラタカさんは

保健所のHPを見ては

シクシク泣いていて

 

子猫は貰い手があるだろうから

大人猫を助けたいと思う毎日。

 

そんな中、保健所のHPに

まーくんが掲載され

 

保健所の福井支所の事務所で

飼い猫のように可愛がられていた

まーくんの写真を見て

 

気になって仕方なかったけれど

 

行動には移せないままにいた時に

3・11の震災が。

 

心の底から

「動物のために何かしたい!」と

思っていた矢先に

 

ツキネコがまーくんを保健所から

引き出したことを知り

 

それがキッカケでツキネコの

ボラを始めるようになったんだとか。

 

 

まーくんやツキネコは

間違いなく

シラタカさんの原点なんだそうです。

 

そしてもちろん、

いつもいつも応援してくれています。

 

月日がたち私達3人の

スキルが上がったとか

そんなのは分からないけど

 

ただ一つ間違いなく言えるのは

3人とも、あの7~8年前に

ツキネコでボラをしていたあの日よりも

 

今はもっと動物が好きになり

本気で動物のことを

考えられる様になったこと。

 

シラタカさんは自分で猫の保護活動を

していきたいという思いが強くなり

現在はニャン友さんで活躍しています

 

シラタカと猫のブログ

 

雪丸さんはその後、

大型犬のひゅうがを迎え入れ

ペットシッターの仕事もしています。

 

久しぶりに3人で会い

言葉を多く交さなくとも

 

3人それぞれの

まーくんの思い出を噛みしめながら

しゃがんでいました。

 

そして私達と同じように

どれだけ多くの人が

 

自分とまーくんの思い出を胸に

祈るような気持ちでいるのだろう‥。

 

もうずーっと前から

まーくんファンの

大阪のヤマモトくん。

 

見てください。

家がまーくんだらけ。

 

まーくんと、まーくんの間に

タイガース(笑)

 

 

 

 

どんだけ好きやねん!

 

 

泣けてくるわ。

 

本当に、まーくんが輝いている事で

どれだけの人の心を

楽しませてくれているか。

 

これだけ輝いてる命はないと思う。

 

 

 

今は、毎朝まーくんの姿を見て

ごはんを食べてくれるだけで

ほっとします。

 

 

 

あとのいろんな治療法とかは

かあちゃんが決めればいい。

 

そして、命のことは

まーくんが決めればいい。

 

全国から励ましの手紙も来ているよ。

 

 

いい写真だね。

 

 

映画「旅猫レポート」の

セリフじゃないけど

 

カフェでくつろいでるまーくんを見ると

こんな言葉が浮かんできます。

 

ぼくはずっと母ちゃんの猫だよ。

ぼくはずっとツキネコの猫だよって。

 

 

 

 

 

まーくん、ゆっくり過ごそうね、

そして明日の朝もまた会おうね。

 

 

 

 

みんな誰かの応援団