メニュー 閉じる

ぼくらはみんな生きている

 

最近、子供のことで

信じられないような

嫌なニュースが多く流れています。

 

胸が痛すぎてもうニュースも

見たくないほどですね。

 

今、わたしの頭の中に

ずっと流れている歌があります。

 

ぼくらはみんな生きている

生きているから 歌うんだ

ぼくらはみんな生きている

生きているから かなしんいんだ。

 

手のひらを太陽に すかしてみれば

まっかの流れる ぼくの血潮~

 

 

誰でも知ってるあの歌です。

アンパンマンのやなせたかしさんが

つくった歌詞です。

 

あらためて読んでみると

シンプルだけど

なんて深いんだ。

 

そして考えてみればもっともな歌詞です。

 

 

 

 

自分の手のひらを

太陽にすかしてみました。

 

指が短いです。

いや‥そんな事じゃなくて。

 

こんな宇宙人のような私でも

手のひらをすかしてみれば

血が流れています。

 

ぶつければ痛いし

ケガをすれば血も出る。

 

それは、生きているから。

そう。生きているものには

血が流れているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、代表と一緒に

3日間かけて

すすきのの猫の捕獲をしてきました。

 

北の歓楽街 ススキノに生きる

北の歓楽街 ススキノに生きる②

(ツキネコブログ)

 

その時に夢中で

うつした写真です。

 

 

 

 

 

いつもいつも写真を撮れば

ブレブレ。

そんな私が泣きそうになりながら

撮った写真が

 

毛についた雪玉の粒まで

奇跡的に

こんなにクリアに撮れました。

 

なぜ泣きそうになってたかといえば

実はこの時、

 

後ろの長毛の子が、

足がしゃっこいのか

 

人間がするみたいに

 

右足、左足、右足、左足って

交互に足踏みをして

寒さと冷たさに耐えていたんです。

 

猫だって足しゃっこいよね、


だって生きているんだもん。

 

生きていたら、

足も冷たいし凍傷にもなるよね。

 

ぼくらはみんな生きている

生きているから かなしんだ。

 

この子達は、こうして

保護する事が出来ました。

 

もう2度と、毛に雪玉が

ひっつくこともありません。

 

 

 

 

 

 

でもね、今回のことで

思うこと沢山ありました。

 

この子達はこうして保護することが

出来たけど、

 

こうやって書いている今も

 

雪玉をひっつけて、

寒さと冷たさのために、足を交互に

足踏みしてる北国の野良たちが

沢山いるんだなということ。

 

そして餌やりさんの現場を

まのあたりにして

 

 

 

 

 

 

かつて自分もそうだったなという

贖罪の念も

ふつふつと思いだされました。

 

幸太郎のこと

 

すすきのの現場のこの子達は

この場所で

沢山の優しい人達に

見守られてきました。

 

名前もつけてもらい、

ご飯ももらっていました。

 

こんな幸せな

地域猫はいませんよね。

 

‥と書きたいところですが。

 

 

 

自分たちがごはんをあげている猫たちに

避妊去勢していない時点で

地域猫ではなく

ただの無責任な餌やりさんと

呼ぶしかないのです。

 

寒さに震えながらも越冬し

この子達がまた

子供をうんで

この子達のアカンボが

カラスに食べられたり

車に轢かれても

それはそれ。

 

名前をつけた猫達が

自分のあげたごはんで腹を満たし

にゃ~と可愛く

鳴いてくれたのを見れば

それでいい。

 

私もそうだったので

その気持ちも痛いほど

よくわかるのです。

 

今日も待っていると思えば

雨の日でも雪の日でも

ごはんをあげに通いたくなる。

 

でも、けして

偉そうなことは言えませんが

 

どこかで気がついてほしいなと

切に願うのです。

 

生きているから

いや、自分たちが生かせているから

しんどい思いをしていることも。

 

 

 

 

保護した命

保護できなかった命にも

色々なことを教えてもらっています。

 

間接的に死なせてしまった

幸太郎の「死」をきっかけに

 

私は動物のボランティアに

携わりました。

 

それだけでも、幸太郎の死は無駄では

なかったというのは

私の都合のいい考えかもしれませんが

 

それでも、今は幸太郎の死を

光に変えられたんではないかなと

勝手に思っています。

 

すすきのの現場で

猫たちを見守り

愛してくれたエサやりさんたちも

 

避妊去勢の大切さ

淘汰されてしまった子猫達の

無念さにも

早く気が付いてくれることを願っています。

 

 

ぼくらはみんな生きている

生きているから 歌うんだ

ぼくらはみんな生きている

生きているから かなしんいんだ。

 

手のひらを太陽に すかしてみれば

まっかの流れる ぼくの血潮~

 

 

もう一回 太陽に手をすかしてみました。

 

手袋に穴があいてました。

 

富豪なのに‥

油田も持ってるのに‥

 

 

 

 

元えさやりの

モグコは今日も

もがきながら生きています。

 

 

 

 

 

© 2019 なにかれ貿易. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.