メニュー 閉じる

子猫 [ブラッキー] どこに‥。

 

ツキネコの猫部屋で遊んでいた

ブラッキーという子猫が

忽然と姿を消しました。

 

多くの方達に

拡散して頂いていますが

一週間たった現在も見つかっていません。

 

ブラッキー何処へ

(ツキネコブログ)

 

 

 

<ブラッキーの足取り>

3月12日(火)

 

午前中ー  動物病院へ

 

13時ー 一階の猫部屋で遊ばせる

 

15時ー  スタッフ、ボラさんが

ブラッキーがいることを確認済

 

16時ー  ブラッキーが

猫部屋にいないことに気がつく。

 

それ以降、ツキネコの

どこをさがしても

ブラッキーの姿は見つからず‥。

 

とても人なつこい子で、

隠れることはないそうです。

 

外に出る可能性もなく

まるで神隠しの様に

いなくなってしまいました。

 

ブラッキーは

生後4カ月のキジトラの子猫。

 

甘えん坊で人の肩に乗ってまで

甘えてくる子です。

 

 

ただ体調面ではケアが必要な子で

肝臓、心臓に疾患?があり

 

体長は生後3カ月程度の大きさで

止まっています。

 

いなくなる2日前まで

預かりボランティアさんのところで

ケアをしてもらっていましたが

 

下痢が続くことなどから

一度ツキネコに戻してもらい

通院していたところでした。

 

すでに一週間がたち、

考えたくはありませんが

「連れ去り」の可能性が

濃厚になって来ました。

 

一番の心配は下痢などで

体調が悪いことで持てあまし、

外に出してしまうこと。

 

そうなったら生きてはいけません。

 

ブラッキーは昨年の10月

積丹から、やってきた

ひよひよのアカンボ達の中の一匹。

 

 

 

 

 

 

毎朝、必死に給餌をしましたが

多くの子猫たちが力尽きていく中

生き残った尊い命です。

 

 

ブラッキーが元気な姿で

戻ってこれるよう

ただただ祈っています。

 

情報等がありましたら

こちらまで宜しくお願いします。

 

連絡先

ツキネコカフェ

011-641-8505

 

 

 

 

 

 

© 2019 なにかれ貿易. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.