今日は長屋で

うれしい、うれしい

卒業がありました。

 

ハンケチ1枚で足りるだろうか。

バスタオルの方が

良かったべか。

 

家を出る時から

目頭が熱くなっていたおモグ。

 

掃除も兼ねて長屋に入ると、

 

んんん?

 

あのおもろい顔が

見当たりません。

 

念のためにソファーをどかしてみると

ぷぷぷぷ。

 

なんとあの「こすけ軍団」を

彷彿とさせる

 

 

 

「鳥羽丸軍団」が

出来上がってるでは

ありませんか。

 

 

 

 

前から2番目の

「たそがれ」の人相の悪さは

置いといて(笑)

 

 

 

あの、ペットシーツも

替えれなかったくらい

おっかなかった

たそがれが、

 

 

 

こんな風にみんなと

くっついているなんて

何だかそれだけで

ジーンときます。

 

そして入居した時は

ずっと不安そうだった鳥羽丸が、

 

 

 

こうやって海千山千の

軍団たちの先頭に

立っているなんて‥。

私は夢を見ているのだろうか。

 

ほっぺたをつまみたかったけれど

肉が厚くて

つまめませんでした。

 

そしてさらに信じられないのが

今日はその鳥羽丸が

卒業するという事実。

 

 

鳥羽丸とは、

あの苫小牧の餌やりさんから

「ブス」と呼ばれていた子です。

 

 

ブスと呼ばれて(苫小牧案件②)

虫まみれの尊い命たち(苫小牧案件①)

 

 

少し前まで、

疥癬タヌキが出ていた原っぱで

 

ダニに食われながら

野良をしてた

あの子に家族が出来るなんて。

 

 

今でも思いだしたら

涙が出そうになるほど

うれしい光景でした。

 

 

 

 

 

捕獲した時は、本当に

全身ボロボロで

 

 

見たこともないような

こんな大きな

マダニがついてて

 

 

 

長い間、どれだけ過酷な生活を

してきたいうのが

ひと目でわかりました。

 

餌やりさんの話しでは

「外に18年はいたわ。」とのこと。

 

いやいやいや、この環境で

外に18年はないわーーと、

盛大につっこみましたが

 

そんな高齢?に加えて

エイズと白血病の

「ダブルキャリア」との診断。

 

あの時、私はただ車に乗って

捕獲について行った様な

ものだけど

 

リリースか保護かの

決断をしなければならないのは

もちろん代表でした。

 

 

ダブルキャリアと聞いた後で

代表が

「保護しよう」と決断した時は

無責任かもしれないけど

本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

「この場面‥どこかで見たことがある」

 

脳裏に浮かんだのは

2年前のあの光景でした。

 

小樽からキジトラ軍団が

26匹やってきて

週末に手術をしたあと

慣れている子を除いて

本来は、小樽の家に戻す予定でしたが

 

(この子達は、これから水も凍る

人の気配のない家に戻るんだ。)

‥‥

‥‥

頭の中でとても

悩んだと思いますが

 

結果、「戻らなくていいよ。まかせろ!」と

26匹全頭の引き取りを決断しました。

 

あの時の頼もしく

男らしい(笑)大きな背中を

今でも忘れません。

 

 

 

その時の決断で

多くのキジトラ軍団たちは

家猫になり、

幸せをつかみました。

 

かくして、ブスと呼ばれていた

このダブルキャリアの子も

リリースを免れ

「長屋」とやってきました。

 

箱からちょこんと顔を

出す姿がめんこかったなー。

 

 

 

 

 

 

代表が撮った

洗濯機の前で貞子みたいに

這いつくばる写真も

死ぬほど笑いました。

 

 

 

 

そんな鳥羽ちゃんの事を

私も一生懸命に

色々な所で伝えてはいましたが

 

実際に家族として迎えてもらうのは

簡単ではないことは

頭でもわかっていました。

 

「高齢でダブルキャリア」

 

きっとこの場所に

ずっといるんだろうな‥と

勝手に諦めていたのに。

 

「ブスに惚れちゃったよー」

ニコニコして迎えに来たのは

 

今まで何匹も

譲渡が難しい猫を家族にしてくれた

優しい仲間でした。

 

泣けました。

 

そして今日も

ニコニコしながら迎えに来た仲間、

せっちゃんの前で

 

鳥羽ちゃんは、

最後までコミカルな

動きをしていました。

 

 

 

 

 

 

これは永久保存版ですね。

 

 

 

ひえー。たまらない。。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで沢山の笑いをくれて

長屋に爪痕を残しながら

 

ブスこと鳥羽丸は

優しいせっちゃんに抱っこされて

「家猫」として

旅立っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このことは、いま長屋で

胃ろう治療で

頑張っている「シャムパン」にも

勇気をくれたと思っています。

 

 

 

 

 

 

まだ1~2歳の「シャムパン」。

 

今は吐き気はひどくて

あまりチューブ栄養も入らないけれど

 

風邪が治り、吐き気も止まり

自分で食べれるようになって

生きのびてくれたら

絶対に明るい未来が待っています。

 

鳥羽ちゃんのように

全身ボロボロでも

ダブルキャリアでも

 

生き延びて

生き延びて

とにかく頑張って生き延びたら

こんな幸せがまってるんだね。

 

幸せになるんだよ。

長生きするんだよ。

 

 

 

 

そう言えば、

今まで撫でようとしたら

すぐに逃げていたコウシュが、

 

今日はボランティアさんに

撫でられても

全く逃げませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

これも、鳥羽ちゃん効果なのかな!

 

小さな小さな長屋の日常の中で

喜ぶべき大きな出来事です。

 

コウシュ、「ニャイダーへの脱北」

がんばろうね。

 

これからも、ひとめにつかない

長屋からの

大きな幸せや喜びを

伝えていきたいと思っています。

 

 

みんな誰かの応援団

 

 

 

ラブラブドキドキブルーハーツラブラブドキドキイエローハーツラブラブドキドキグリーンハーツラブラブドキドキラブラブラブラブドキドキイエローハーツ
 
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

アバちゃん(アバター)の

アメブロはじめました。

アバターもえくぼ

 

アバちゃんとの

笑いあり、笑いあり、笑いありの

日々を書いていますので

よかったら

読んでみてくださいね。