先日、苫小牧案件の猫の保護に

行ってきました。

 

ブスと呼ばれて(苫小牧案件②)

虫まみれの尊い命たち(苫小牧案件①)

 

前回は、草むらで歩いていたキジを含め

6匹を保護。

ツキネコでケアされた後

すでに譲渡された子もいます。

 

しかしまだ少なくとも

三毛がいるはず。

 

メスの可能性が高いので

再びの繁殖が考えられます。

 

これ以上、不幸な命を

生み出さないためにも

保護して不妊手術をして

家猫にしてあげたい。

 

早朝2時に起き、

草木も眠る

丑三つ時の3時に出発しました。

 

 

 

 

メンバーは、スタッフのジェイミーと

ボラのカジさん。

そしてカジさんの愛犬チャーリーです。

 

朝ごはんは

張り込みも兼ねるので

「あんぱんと牛乳」を。

 

でも本物の刑事のひとに

聞いたことがあるけど

これは栄養的にも

理にかなってるんだって。

 

 

 

 

ジャンパーを羽織って、

長靴はいて、軍手を持って

いざ出発。

 

前回、代表と保護に行ってから

1カ月半ぶりの苫小牧です。

 

あの現場に残っている子を

連れて帰りたい。

そんな気持ちでいっぱいでした。

 

こまい事を言いますが

往復の高速代も

バカになりません。

 

この案件の相談者が

途中でフェードアウトしているので

交通費ひとつも

ツキネコの持ち出しです。

 

どこさからも

お金は入ってこないのです。

 

 

 

苫小牧の現場についたのは

4時半すぎ。

 

6月ともなると

もうこんなに明るいんですね。

 

そして何より驚いたのは

一カ月半で、

草がこんなに伸びている!

 

 

                                     

 

 

‥‥そうか。

もう一カ月半たったんだなー。

 

もしも子供を身ごもっていたら

出産してるんだろうか‥。

 

そうでありませんように‥。

祈る気持ちで

捕獲器を設置。

 

 

 

 

あとは車で待機です。

待つこと40分。

 

‥とそこに三毛の姿が…。

 

 

 

 

 

すでに保護した三毛達と

似ています。

 

 

 

 

 

 

 

警戒しているのか、

なかなか捕獲器には入らず‥。

 

ここで外に出てしまうと

逃げてしまうので

車の中で待機していましたが

 

ほどなく、草むらから出て来くると

住人が畑を作っている道へと

去っていきました。

 

捕獲器の場所を変えようかと

迷っていたところに

 

リュックを背負った

散歩の途中らしき男性が

こちらにやって来ました。

 

猫探しでいちばん大切なのは

「情報収集」です。

 

朝あんぱんと牛乳を

食べたので

刑事の血が騒ぎます

 

ここは聞き込みするしかありません。

 

モグ刑事。

早速聞き込みに走ります。

 

 

 

この方は「ボクはただの通行人」と

言いながら

かなり詳しく色々なことを

教えてくれました。

 

現在この場所で見かけるのは

写真ミケの他に

ころっとした茶色の2匹。

 

そうかー。

もしそのころっとしたのがオスなら

また増えてしまうな。。

 

そう思っていた矢先に

別の餌やりさんたちが!

 

 

あっ、あれは鳥羽丸のことを

「ブス」と言ってた

あの餌やりさん達です

 

これはいい機会だと

先日、ブスこと鳥羽丸が

「王子」という名前になって

幸せになった写真を見てもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや~~。ほんとかい。

もらわれたのかい。」と

みんなとても喜んでいました。

 

苫小牧の空にこだました

ほがらかな笑い声が

札幌にも聞こえたでしょうか。

 

そして、ほがらかになったついでに

餌やりさん達は

「写真のミケが2週間前に

赤ちゃんを産んだこと」

「その姿を何人もの人が見ている」ことを

教えてくれました。

 

すぐに言われた場所に

行ってみましたが

目視では子供の姿は

ありませんでした。

 

それが本当なら、

ミケがまだ授乳しているはず。

なので今回は様子を

みることにしました。

 

 

空の下の野良猫たち。

逞しく見えて

なんと

はかない存在なんだろう。

 

 

 

 

 

それから捕獲器を車に積んで

苫小牧をあとにして

そのまま恵庭に。

 

飼い主が入院

8匹の猫が取り残されている

あの家の掃除をしてくる予定でしたが

 

恵庭案件~お掃除編

 

 

 

 

ちょうど飼い主さんの知人が、

その日の朝に

掃除に入ったばかりだったらしく

 

ごはん、水、トイレ

全てちゃんと

お世話がされていました。

 

 

 

 

 

 

この黒猫ちゃんは

みんなで

掃除に来た時もいたね。

 

この場所が

あなたの定位置なんだね。

 

 

空気を入れ替えて

少し床の掃除をしてから

 

 

 

 

 

2階に上がり、

猫の様子を見てきました。

 

雲の子を散らすように

逃げる猫たち。

 

 

 

でもね、

やっぱりこの子だけは

逃げずに寄って来たよ。

 

]スタッフののどかちゃんが

抱っこしてたあのハチワレです。

 

人が好きなんだね。

 

 

 

 

 

テーブルの下で寝そべっていたのに

起き上がって

寄って来てくれました。

 

 

 

 

うーん。

味のあるいい顔だね。

 

 

 

 

私達は飼い主さんでないけど

甘えていいんだよ。

 

 

 

 

実は、代表から

この子を連れてくるようにと言われ

 

ジェイミーが捕獲し

ツキネコに連れて帰って来たのです。

 

 

 

 

ツキネコで

新しい幸せをつかもうね。

 

 

屋根の下の家猫たち。

 

食べるものもあるし

寝る場所もあるけど

 

主のいない家の中で

やっぱり

はかない存在に見えました。

 

 

1日の中で会った

「空の下の野良猫」と

「屋根の下の家猫」。

 

どちらも生死も幸不幸も

全部人間が握っているのです。

 

時間はかかるかもしれないけど

最後には

みんな幸せになってほしい。

そう心から思った1日でした。

 

この2つの案件は

まだ続いていくので

 

私なりに伝えていけたらなと

思っています。

 

 

 

 

みんな誰かの応援団。

 

 

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
 
 
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

 

 

 

アバちゃん(アバター)の

アメブロはじめました。

アバターもえくぼ

 

アバちゃんとの

笑いあり、笑いあり、笑いありの

日々を書いていますので

よかったら

読んでみてくださいね。