メニュー 閉じる

なにかれ貿易

2ページ/91ページ

【緊急】猫を探しています

 
5月12日
 
ツキネコの卒業猫の
「てんちゃん」が飼い主さんの
引っ越しの最中に外に出てしまい
今だ戻ってきていません。
 
 
名前:  てんちゃん  
オス 去勢済み 3-4才くらい。
 
住所:札幌市東区東苗穂13条2丁目
三角点通り  スーパービック周辺
 
 
{005B8789-334C-4237-9032-79739674045C}


 
{A3EA8B60-D3B7-486D-9260-E1F357452B25}
 
 
 
経緯: 5月12日 14時過ぎ
引っ越し最中に
ドアを閉め忘れ脱走してしまいました。
 
完全室内飼い、土地勘がないので
大変心配しています。
 
首輪していませんが
マイクロチップを挿入しています。
 
近くの家の裏に捕獲器を
設置させてもらっています。
 
臆病なので、人が近付くと
逃げて行く可能性があります。
 
 
管理センター、警察には連絡済みです。
チラシも作成し
近所のスーパーや電柱
動物病院に貼らせてもらっています。
 
 
連絡先: 市川
09095252743
pmqlciqu_u.o1z4@i.softbank.jp
 
 
 
目撃情報、SNSでの拡散などを
どうか宜しくお願いします!
 
 
 

 

{77ED958E-C84F-4267-BFDA-287BD9F5E303}

 

{D6F36693-EA90-4322-A539-02EA93B3F9C6}

 

{E56C0B32-9DD8-4905-81A0-DD25F6C57CEA}

 

{E2E60CDF-1CF5-45C9-971C-F86ADECE6F3A}

 

 
長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2長音記号2
 
 
 
5月17日 ツキネコ関係者数名で
チラシを作成し
ポスティングをしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
逃げていった方面の
スーパーで買い物をした人達にも
チラシを渡して話しを聞きましたが
目撃情報が全くないため
 
不安で、軒下や物置の陰に
じーっとしているのでは?と
考えます。
 
塀に囲まれた一軒家が多く
家主さんが不在の家は
なかなか覗くことも出来ず
捜査も困難を極めています。
 
 
とにかく1日でも早く見つけて
無事におおうちに戻してあげたいです。
 
皆様からの目撃情報が頼りです。
情報の拡散よろしく
お願いいたします!
 
 
 
 
 
 

こちらヤギーレ法律事務所③

 

札幌のある猫カフェのかたすみの

夫婦ふたりで経営している

小さな弁護士事務所。

 

事務所の名は

「ヤギーレ法律事務所」

 

経営してるのは 

旦那のヤギーレと

美人妻のギン。

 

 

 

 

 

さてさて、今日は

どんな迷える

相談者がやってくるのやら‥。

 

 

 

 

ある週末。

 

あんなに禁止されてた

競馬をこっそりやってた

ヤギーレ。

 

 

 

 

しかしゴール前に

うっかり大声で叫んでしまい

 

その声を美人妻ギンに

聞かれてしまった。

 

半顔のギンは

けっこう怖い。

 

 

 

 

「もう絶対に競馬はしない」

そう誓ったはずなのに。

 

ギンの怒りは

ピークに達していた。

 

 

 

 

怒ると手も出るギンであった。

 

ギンとヤギーレの夫婦ゲンカは

ベランダの掃除をしていた

近所のクリーニング屋さんに

目撃されていた。

 

 

 

お隣のケンカに

ムズムズする

可愛いクリーニング屋さん。

 

 

 

ちょっと嬉しそうな

クリーニング屋さん。

 

クリーニング屋さんの言う通り

夫婦ゲンカの末

 

ヤギーレはギンに殴られ

青アザをつくる始末であった。

 

 

 

目は腫れ、鼻血を出した

ヤギーレの顔は

迫力満点である。

 

 

 

ギンの本気のパンチが効いて

ヤギーレが

2度と競馬しないことを

願うばかりだが・・

 

 

そんな夫婦ゲンカの真っ最中に

相談者がやってきた。

 

 

 

 

 

ドアの外には

馬が立っていた。

 

 

 

 

美人妻ギンの

狭い視界で見ると

馬に見えたが

実際には猫だった。

 

 

 

 

馬ズラでとても

個性的な顔をしている

相談者に

急に親近感をもったギン。

 

 

鼻水をためながら

堂々と名前を間違える

美人妻。

 

 

 

ちょっと心が折れそうになる

相談者ウニ。

 

 

 

 

さっきまで、ぶん殴られてた

ヤギーレがウニに

優しく言った。

 

ウニは遠くを見ながら

話し始めた。

 

自分のこと。今の思いを‥。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウニの飼い主さんは

すでにもらわれて行った「カキ」

 

 

 

現在ツキネコの一階で

みんなの

人気者になっている「つぶ」

 

そしてウニを残して

 

 

 

若くして急死してしまいました。

 

ある日突然に3匹の前から

姿を消してしまった事になります。

 

猫に限らず

動物たちにとって

急に飼い主さんがいなくなること。

 

場所が変わることは

とてつもないストレスになります。

 

特に高齢であれば

なおさらです。

 

もちろん、個体の性格にもよりますが

少なくとも

12歳のウニにとっては

この2つのことは

 

十分心を痛める原因になったと察します。

 

 

 

 

猫も人の言葉がわかれば

ウニが納得するまで

どんなに時間がかかってもいいから

説明してあげられたのですが・・。

 

悲しいかな。

ウニはツキネコに来てからも

環境の変化に戸惑い

食事を受け付けなくなり

ひきこもる様になりました。

 

ご飯を食べなくなりカテーテルで

栄養を身体に流す毎日。

 

生死の境を彷徨いました。

 

ボランティアさんが

最近のウニの様子、

一番つらかった時の様子などを

ニャイダーのブログに

書いてくれていますので

 

併せて読んでみてください。

 

ウニのこと

 

 ここに書かれているように

ウニは心身共に元気を

取り戻しました。

 

ウニだけの物語が

またスタートしました。

 

人のあとをつけまわしたり

オモチャで遊んだりすることって

 

お世話してくれる人

自分のことを可愛がってくれる人を

信用してくれてるから。

 

大事なのは

「愛情」なんですね。

 

 

 

 

 

ウニもこれから

絶対に新しい家族と出会えるよ。

 

みんながウニのことを

いい子だよって

アピールするから

ウニも前向きにがんばるんだよ。

 

 

 

 

なかなかうまい事を

言った美人妻ギン。

 

 

 

 

 

 

殴られたとき

頭を打ったのか

最後まで名前を間違う

ヤギーレ。

 

 

 

 

 

 

10万と言いそうになりながら

恰好つけるヤギーレ。

 

 

 

 

相談料がタダになったウニ。

よかったね。

 

今回は「よっしゃー!」ではじまり

めでたく

「よっしゃー!」で

終わったのであった。

 

めでたし。めでたし。

 

 

 

 

「ヤギーレ法律相談所」に

新しいソファーがくるのは

いったいいつになるやら‥

続く。

 

 

 

 

ぴなちゃんせつないね。

 

私の宝物

セキセイインコのぴなちゃんも

来月で11歳になります。

 

 

 

 

元気いっぱいですが

人間でいえば80ちゃい。

さすがに寝ることが

多くなってきました。

 

この写真も目は あいてますが

たぶん意識は

遠のいているでしょう(笑)

 

 

 

 

ひよひよのアカンボの時に

出会い

私が「あわだま」のごはんで

育てました。

 

 

 

 

まだブスでなかった

ブスひよこさんと共に育った

幼少期。

 

 

 

 

そんな小さな時から

ぴなちゃんはお父さんが大好き。

 

お父さんに頬毛を

撫でられるのが大好き。

 

 

 

 

この行為はお父さんにしか

させてくれません。

 

お父さんの指で

頬毛を撫でられて

うっとりするのが日課でした。

 

そんなぴなちゃんの大好きな

お父さんは昨年から

「福島」に単身赴任してしまい

2カ月に1度しか会えなくなりました。

 

 

きっと普段も

ぴなちゃんの頭の中は

「お父さん」でいっぱいなんだろーな。

 

お父さんが休みで帰ってくると

毎回嬉しくて飛び回り

過呼吸になるほどです。

 

滞在中もお父さんにべったりで

お父さんは

トイレにも行けません。

 

胸にバッチの様に止まっているので

家の中でエコノミー症候群に

なりかけてます(笑)

 

 

 

 

昔の動画でも

「納豆食べてよお父さん」

お父さんの声をマネして

喋ってるのが凄いのだ。

 

 

自分の声とお父さんの声を

確実に使い分けてます。

天才だ~。

 

この動画53万再生されているのも

びっくりです。

 

お父さんと一緒に

競馬を見ながら叫ぶ動画も

 

お父さんと一緒にいるから

めちゃくちゃ興奮してます。

 

馬券も当たったんだろーか(笑)

 

 

 

 

お父さんが帰ってくる時は

ぴなちゃんは12歳。

 

こんな小さい脳みその中は

大好きな人でいぱいです。

 

こんな小さな動物でも

信じられないくらい感情豊で

嬉しかったことも全部覚てます。

 

なのでなおさら

帰ってくるたび

過呼吸になるくらい

喜んでいる姿が「せつない」のです。

 

 

 

 

 

ぴなちゃん。

 

大好きなお父さんが

帰ってくるまで元気でいてね。

約束だよ。

 

 

 

 

こちらヤギーレ法律事務所②

 

札幌のある猫カフェのかたすみの

夫婦ふたりで経営している

小さな弁護士事務所。

 

事務所の名は

「ヤギーレ法律事務所」

 

経営してるのは 

旦那のヤギーレと

美人妻のギン。

 

 

 

 

さてさて、今日は

どんな迷える

相談者がやってくるのやら‥。

 

 

 

 

 

ある日の夜

事務所のドアを

叩く音がした。

 

 

 

 

言い回しが古い

美人妻。

 

 

 

 

目の錯覚なのか

むしろ下から見たほうがキレイな

美人妻だった。

 

 

ドアをあけると

なんとそこには

ニャイダーハウスの

「ゆりちゃん」が立っていた。

 

 

 

 

久しぶりの相談者に

内心ウハウハだが

 

所長らしく冷静を装う

弁護士ヤギーレ。

 

 

 

しかし残念なことに

ヤギーレのイスから

ワタが出ていたのだ。

 

 

 

 

ワタが出てる

ボロい椅子が気になって

 

いまいちヤギーレの言葉が

頭に入ってこない

ゆりちゃんだったが

 

この事務所に決めたの自分だと

腹をくくり

ヤギーレに

ぽつりぽつりと

自分の心のうちを話し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆりちゃんの相談内容は

ざっくり言うと

こうでした。

 

ゆりちゃんは2年前に

飲食店に勤めている

中国人の女の人によって

『すすきの』で保護されました。

 

その時、ゆりちゃんは

子供を2匹生んでおり

子猫と一緒に

ツキネコにやって来たのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆりちゃんそっくりの子供

「ぶうちゃん」と「くうちゃん」は

まだ離乳したばかりでしたが

 

野良だったゆりちゃんが

しっかりと

お乳をあげてたおかげで

健康に育ち

優しい里親さんの元に

もらわれて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆりちゃんがどの様な

事情で外で暮らす様になったかは

わかりませんが

 

カラスも多い、車も多い

「すすきの」で子育てをするのは

容易ではありません。

 

ギンの言う通り

ゆりちゃんは立派な

母親だったんですね。

 

 

 

 

アカギレの様な細い目を

めいっぱいひろげて

 

一言一言 かみしめる様な

ギンの言葉が

ゆりちゃんに

しっかり伝わりました。

 

 

 

 

照れたように

ボソリと言うヤギーレ。

 

 

 

 

 

ゆりちゃんは

ヤギーレ夫婦によって

前向きな気持ちになり

 

30日の「ニャイダー譲渡会」に

出る決心をしました。

 

 

 

 

 

「ヤギーレ法律相談所」に

新しいソファーがくるのは

いったいいつになるやら‥

 

 

続く。

 

 

 

 

ゆりちゃんも参加する

「ニャイダーハウス」の譲渡会が

4月30日に開催されます。

 

 

 

 

本当のゆりちゃんは

もうニャイダーの

人気者ではありますが

 

良い縁があり

終の棲家が決まることを願ってます。

 

子猫はすぐにもらわれますが

大人猫はなかなか

決まらないのも現実です。

 

それでも多くの人の想いが

力になって

他の子たちにも

赤い糸がみつかりますように!

 

 

 

 

新連載!こちらヤギーレ法律事務所①

 

札幌のある猫カフェの

かたすみに

夫婦ふたりで経営している

小さな「弁護士事務所」があった。

 

 

はじめたばかりの

この事務所の名は

「ヤギーレ法律事務所」

 

 

まだ全く儲かってもいないので

ソファーもボロボロ。

 

 

 

 

それでも2人で

苦労して立ち上げた

弁護士事務所であった。

 

所長の名前は「ヤギーレ」。

 

この顔でも

れっきとした弁護士である。

 

 

 

 

 

 

今日から

ここに相談にやってくる

猫たちの人生模様を

 

相談者たちの「卒業」への願いをこめて

連載してゆきたいと思います。

 

 

まずその前に

ヤギーレ法律事務所について

説明しておこう。

 

 

ヤギーレ法律事務所は旦那の

「ヤギーレ」が弁護士。

 

 

 

 

美人妻の「ギン」が

秘書をしています。

 

 

 

 

妻のギンは、目を細めて

さらにボカして見ると

かなり美人であった。

 

 

 

 

とても働き者で

39度の熱があって

白目をむいて倒れこんでも

相談者のことを真剣に考えているような

しっかり者の秘書であった。

 

 

 

 

旦那のヤギーレは

この仕事をする前は

JRAにいりびたってる

ただのギャンブラーだった。

 

 

 

毎レースこてんぱんにやられ、

子供のミルク代にまで手を出す

悪いオヤジだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、わかってはいるが

やめられないのがギャンブルだ。

 

 

しかしさすがのヤギーレも

赤ん坊や鼻水たらして泣いている

妻のギンの顔を見ていたら

 

 

 

 

こんな生活とは

もうオサラバしようと

決心したのである。

 

 

 

 

 

 

もともと頭は良かったヤギーレ。

 

さっそくギャンブラーから足を洗い

弁護士になることを決意。

 

 

 

猛勉強の末、

晴れて一発で

弁護士試験に合格したのだ。

 

 

苦労した分表向きは

相談者の痛みのわかる

弁護士になったヤギーレだった。

 

 

 

 

 

弁護士の仕事も軌道に乗ったある日。

 

ヤギーレのもとに

珍しく女の子の

相談者がやって来た。

 

 

 

 

ヤギーレのもとに相談にやって来たのは

何とニャイダーハウスの

「ゆりちゃん」だった。

 

 

 

 

最初は緊張していた

ゆりちゃんだったが

お金のことになると

急にハキハキしだした。

 

 

 

 

 


さすが、若く見えるが

子供も生んだことがあるゆりちゃんだ。

 

 

ヤギーレには騙されないぞオーラを

ぶっ放しているゆりちゃん。

 

果たしてゆりちゃんヤギーレに

どんな相談をしにやってきたのか!!

 

 

次回に続く・・・

 

 

 

 

© 2017 なにかれ貿易. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.