Menu Close

なにかれ貿易

Page 2 of 90

小樽の譲渡会に行ってきました

先日ブログにも書いた

「第一回小樽譲渡会猫の章」の

お手伝いに行ってきました。

 

本当はすぐに記事を

アップしたかったですが

最近なかなか疲れがとれない

お年頃なモグ。

 

人はそれを漢字2文字で

「老化」と言います。笑。

 

 

栄えある一歩を祝うような快晴。

澄みきった青空が

眩しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

保健所の入り口に飾られてれた

折り紙のランドセル。

 

 

 

 

今日がスタートの日だよ。

お互いよちよち歩き。

これから色々な人の手を借りて

前に進んでいこうね。

そんな気持ちになりました。

 

 

朝早くから

「小樽の保健所サポートチーム」の方や

個人ボランティアさん

札幌の愛護団体の仲間たちが

笑顔で準備。

 

色り口にこんな募金箱が。

 

 

 

 

 

むかし小樽のおばあちゃんちにも

こーゆうのありました。

 

サポートチームの代表の方が

ガラス造りをしているのです。

 

これぞまさに「人力」ですね。

 

 

この日は

札幌の愛護団体の猫達も

譲渡会に参加していましたが

 

 

 

その猫達も

「小樽」「砂川」「室蘭」

「滝川」「余市」と

北海道内様々な地域から

保護されてきた猫。

 

 

他の地域の猫達を

札幌の団体が保護して命を繋ぐ。

 

そんなことはもう当たり前のことに

なっていると同時に

 

それだけ北海道内の

野良猫や手放し猫、

多頭飼育崩壊の問題は

根深いんだと

改めて感じました。

 

 

私は札幌から連れてきた猫の

譲渡会のお手伝いをしてました。

 

 

小樽17匹の猫達からは

「つるや」が参加。

 

 

 

私があんまり

「つるや ほれ、小樽だよ」

「あんたの故郷だよ」

「知ってる人いるかい?」と

ウザい事を言うので

 

つるやは寝たふりをしてました。

ごめんよ。つるや。笑

 

 

 

 

譲渡会の合間に

小樽保健所の保護猫が気になり

ドキドキしながら

覗きに行きました。

 

 

おおおお。

結構な数の人達が

入れ替わり立ち代り

足を運んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小樽保健所で収容されている

猫たちです。

 

この写真の他に2匹の猫の

里親さんが決まりました。

 

この子たちは引き続き

里親さんを募集していますので

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

この子は本当におっきかったです。

 

「石うす感」満載ですが

おっきな猫好きさんには

たまりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはこんな形で譲渡会に

参加した子も。

 

臆病なので

パソコン動画での参加。

 

 

 

 

なんとこの動画を見て

トライアルをしてみたい

という方が現れたそうです。

 

これぞ何もしなければ

山どころか小石も動かないという

典型ではないでしょうか。

 

この子のこと

こうして動画で紹介して

みんなに「知ってもらう」。

 

この子の存在を知らなかったら、

この子について

考えることも動くことも出来ないのです。

 

 

小樽の野良猫たちの

写真を撮り続けている

カメラにゃん「うえかわちさと」さんが

写真展に参加して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

うえかわさんが

春夏秋冬にわたり撮り続けた

小樽猫の写真です。

 

 

 

 

港の写真が涙で

うすぼんやりして見えてました。

 

 

こやって1日に1日を

必死に生きてるんだろな…。

 

 

フォークリフトと猫達の写真。

 

猫たちは暖をとるために

フォークリフトに群がるけど

子猫が巻き込まれて

命を落とすという事故も多発。

 

この子たちは何年生きれるのかな。

 

 

 

 

 

うえかわさんが野良猫達のことを

「伝える手段」

写真だと言います。

 

たとえばボンネットを

とんとんと叩いて

エンジンに巻き込まれる猫達の事故を

防ぐ声かけ運動のように

 

 

小樽の動物病院で

小樽の保健所の現状や

こんな猫が収容されてますよと

「声かけ運動」を広めたらなんて

妄想してるんだそうです。

 

 

今回私も小樽のこと

知らないことが沢山ありました。

 

でも「知った」ことによって

自分も黙ってはいられず

 

小さなことですが、

自分の出来る手段を使って

動くことが出来ました。

 

小樽在住の友達にも

声かけが出来ました。

 

つたない文章ではありますが

「書く」という手段を使って

伝えることもしてみました。

 

これから小樽の地元の人達の心が

処分もありえる現状の猫たちに

もっともっと向けられること。

 

そして収容所建設に向けて

お金がもっともっと必要だというのは

言うまでもありません。

 

でも動物の事って

きっとお金だけ集まっても

うまく進まない気がするのです。

 

人間たちの心が寄り添い

そしてこの問題について

小樽の人達がどんな形でもいいから

どんどん「関わっていく」。

 

この「関わる人」の数や思いこそが

 

小樽猫の殺処分ゼロにむけての

大きなファクターなんだと思っています。

 

 

まだまだ小樽市民じたいが

小樽の保健所の現状を知らないと

思うので

まずは「知る」ための

最初の声かけを運動をしていく。

 

それがどんどんどんどん

広がることを願ってます。

 

 

第一回の小樽猫の譲渡会

来場者は123人でした。

 

 

 

 

はじめの一歩が「123…。」

これは偶然なのでしょうか。

 

123

そして、456789と

一歩一歩前に進んでいけたら

小樽はどんどん変わっていくはずです。

 

小樽保健所にも猫舎が出来て

あたりまえに譲渡会が

開かれますように。

 

123人の方に感謝すると共に

その日を心から信じています。

 

 

 

 

 

はじめの一歩「小樽猫の譲渡会」への想い

 

 

~~~ 動物を愛するみなさんへ

 

明日3月25日(土)

小樽保健所にて

猫の譲渡会が開催されます。

 

私も何が出来るか分かりませんが

微力ながら

お手伝いをさせて頂こうと思ってます。

 

小樽での猫の譲渡会

「あんたなにさ、小樽関係ないしょや」

「小樽のことは小樽の人に

まかせておけばいいしょ」

「今まで小樽で猫の譲渡会なかったの?」

 

本当にそれが素朴な疑問だと思います。

私もその一人でした。

 

それが昨年の10月に

小樽保健所と

札幌の愛護団体

個人ボランティアさんとの

意見交換会に出席し

 

「小樽の保健所収容猫」の現状を

はじめて知りました。

 

 

 

 

残念ながらこの時は

保健所側の説明不足もあり

 

地元のボランティアさんと

札幌の愛護団体が

コミュニケーションを

取れるまでには至らず

 

猫云々以前に

「小樽のことに何で札幌の人たちが?」

という感情が先に来ていたのか

 

建設的な話し合いは

皆無だった様な気がします。

 

 

なので時間だけが刻々と過ぎて終了。

三人よれば文殊の知恵とはいかず

話し合いは次回に持ち越されました。

 

 

それでも、その話し合いの中で

はじめて知ったことが多くありました。

 

 

小樽保健所には

犬の収容所はあるものの

猫の収容所がないんだそうです。

 

当然場所はないのだから

予算だって降りません。

 

行き場のない猫達は

やむおえず数年前まで

「全頭殺処分」されていたんだそうです。

「生かす」場所もないなんて・・・。

 

誰も助けに来ないことが

どれだけ寂しいことか・・。

 

尊い命が

足踏みしている行政の手の中に

あると思うと

やりきれない気持ちで一杯になりました。

 

 

小樽は野良猫もいっぱいいる。

でも動物を愛する優しい人達だって

たくさんたくさんいる場所です。

 

そしてこのポスターの文字にもある通り

 

小樽保健所の職員さんだって

「誰も処分なんてしたくないべさ」

そんな思いでいるのは

間違いありません。

 

 

飼い主死亡で取り残された17匹の猫達

 

 

私も3度ほど現場に行きましたが

 

この時の小樽の保健所の職員さん達の

必死な姿は今でも忘れられません。

 

「この子たちを一匹残らず

この場所から出してあげたい、

里親を見つけてあげたい」

という気持ちが

現場にいても

ひしひしと伝わってきていました。

 

 

 

小樽保健所の
職員さんの手にじゃれる
取り残された猫

 

 

 

そこには
仕事以上の
「愛」がありました

 

 

 

職員さん達と同時に

私が感銘を受けたのが

地元小樽の猫を愛する仲間たち。

 

現場に何回も足を運んでくれたMさん。

 

 

 

 

 

 

里親さんが決まるまで

店先で預かってくれた

飲食店経営のSさん。

 

みんな みんな思いはひとつでした。

 

全部の猫の行き先が決まったのも

札幌とか小樽とか関係なしに

猫達を助けたいという思いがあったから。

 

 

いや逆に言えば

これからだって、

同じ思いの人が集まったら

猫を処分しなくてもいいのです。

 

 

札幌は多くの愛護団体が

保健所に介入し

今でも犬も猫も殺す処分はほぼゼロです。

 

 

でも北海道の別の地域では

「猫風邪」だからという理由だけで

殺処分されているのが現状です。

 

 

札幌だけがゼロだからいいなんて

誰も思いません。

 

誰かが何かをすると決まって

その出る杭を打つ人ような

感情を持つ人がいます。

 

それが世の常と言えば

そうなのかもしれないけれど

 

今までだって

動物たちを助けることが出来たのは

 

非難する“誰か”ではなく、

応援する“仲間たち”が

心を動かしてくれたから。

 

 

今回の第一回の小樽の譲渡会に向けて

小樽に住む仲間たちが

黙々と大量のポスター貼りをして来ました。

 

やったことがある人なら

わかるかもしれませんが

 

一軒一軒に事情を話し

ポスターを貼らせてもらうのも

大変な作業です。

 

 

小樽在中で私の友人のサユリさんは

一昨年に野良の子

「ちう」と「ちお」という

子猫2匹を保護し

自分の家族にしています。

 

 

 

 

 

 

「今までの自分なら

自分の町の事でも

無関心に過ごしてたと思う」

 

でも外で民家の生ごみを

食べて生きて来た子猫を保護し

 

「小樽もゼロになるのは難しいけど

ゼロに近付けるように、野良猫や

殺処分される子がいなくなるように

少しもがんばれたら」

 

そんな思いで一軒一軒に

頭を下げて貼らせてもらったそうです。

 

 

話し合いが進まなかった10月のあの日から

札幌の愛護団体(北海Doぶつnet)の

代表達や小樽のボランティアさんが

何度も足を運び

 

ようやく明日

最初の「一歩」

踏み出すことになりました。

 

「殺処分ゼロを目指しての」

第一回目の「小樽 猫の譲渡会」です。

 

明日だけでなく

これから何度も回数を重ね

 

いつかこの譲渡会が

『小樽のことだから小樽のみんなで開催してるよ』

そんな言葉を聞ける日がくることを

心から願っています。

 

 

 

 

 

 

 

♪ 明日はカメラにゃん

『うえかわちさと』さんの写真展も

ありますので

お近くのひとはぜひ足を運んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすらいのリック刑事             

 

それは3月のとある夜。

 

ジリリリリリリ~~

ジリリリリリリ~~

 

 

ツキネコ署内に

けたたましい警報の音

鳴り響いた。

 

 

鼓膜が破れるほど

大きな警報の音だったが

 

 

リック刑事は

壁に顔がめりこむほど爆睡していて

気がつかなかった。

 

 

 

 

 

 

爆睡にくわえ、

もう耳が遠いのか…。

 

 

やむおえず、現場には

別の刑事が

駆けつけることになった。

 

 

現場にはあきらかに

ドロボーが入った形跡が…。

 

 

 

 

 

現場に駆けつけたのは

室蘭出身の

「ねぎま刑事」であった。

 

 

 

 

 

明らかに仕事が出来そうな

ねぎま刑事。

 

 

 

 

 

あたりまえの事を言っているのに

なぜか、かっこよく感じる

ねぎま刑事。

 

 

 

ねぎま刑事の一声で

さっそく防犯カメラを

見てみることになった。

 

 

むむむ。そこには

あわてて走り去る

風呂敷の姿が・・・。

 

 

 

 

 

 

あっ、風呂敷がとれた

 

 

 

 

 

 

そこに映っていたのは

あきらかに看板猫

政五郎の姿であった・・。

 

 

しかも、防犯カメラには

不法侵入をする姿や

 

 

 

 

無銭飲食をする姿まで

はっきりと

映っていたのである。

 

 

 

 

正義感の強い

ねぎま刑事は

決断した。

 

 

 

 

 

母親に電話をする

ねぎま刑事。

 

 

母親の動揺は大きく

すぐさま愛用のアイパットで

「弁護士」の検索をはじめた

 

 

14ちゃいとはいえ

子供は子供。

逮捕されたら大変だ。

 

母ちゃんも必死であった。

 

 

 

 

 

 

弁護士の知り合いはいなかったので

子供と一緒の

ほのぼの写真を掲載している

安全そうなところへ電話をしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

これは客を呼び込む

「手」だということを

さしもの母ちゃんも

知る由もなかった。

 

 

朝から電話が鳴って

不機嫌なヤギ弁護士。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロもクロにしそうな

ヤギーレ法律事務所。

 

 

もともと真っ黒だけど

政五郎はクロにされ

逮捕されてしまうのか・・。

 

 

その時、ねぎま刑事が

母ちゃんに

びしっと言った。

 

 

 

 

 

長いものには巻かれろ感が

ありありだが

 

ねぎま刑事の勇敢な一言で

政五郎は晴れて

無罪となったのだった。

 

 

 

 

 

よかった。よかった。

 

 

事件が解決して

おねえちゃんの膝でくつろぐ

ねぎま刑事。

 

 

 

 

 

 

そんなねぎま刑事は

室蘭の保健所から来ました。

 

「やきとり」と「ねぎま」

2匹で室蘭の保健所からツキネコに

やってきました。

 

ねぎま刑事はFIV

(猫エイズキャリア)ですが

現在はもちろん元気いっぱい。

 

撫でられる事や

人の膝の上が大好き。

 

しかも、他の子が膝の上に

乗りたそうにしていたら

膝を譲ってあげる

本当に優しい男の子です。

 

 

 

 

 

 

ツキネコの

「キャリア部屋」にいますので

ねぎま刑事に会いに来て

膝に乗せてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば今回は出番が

少なかったリック刑事。

 

 

 

 

 

夢の中で

「万馬券」を獲ったことを

ここに付け加えておこう。

 

 

 

 

 

盛岡に行ってきました(後編)

 

翌日は、小雪の降る中

レンタカーを借りて

雫石にある『小岩井牧場』へ。

 

 

 

 

さすがに冬の平日。人はまばらでした。

しかも入場無料。

ありがたい・・。

 

かまくらがあったので入りました。

あ~やっぱり

長靴で来て良かった。

 

 

 

 

私に続いてかまくらに入った

吉井代表。

出る時にかまくらに頭をぶつけ

キレてました。

 

 

 

 

 

 

かまくらに頭をぶつける吉井代表。

この日が誕生日だったことを

つけ加えておこう(笑)

 

 

さて、チーズなどの乳製品を買って

次はいよいよ

この日のメインイベント。

わんこそば」へ!

 

みよしの餃子63個を食べ

準優勝という

どうでもいい実績を持つモグ。

ここ盛岡でリベンジを果たしたい。

 

「餃子」の仇を「わんこそば」で。

 

 

100杯食べて

〈証明手形〉をもらわなければ

札幌には帰れません。

 

色々と調べましたが

地元の人に愛されているという

創業明治40年「東家本店」

決戦の地に選びました。

 

 

 

 

 

席に着くと「わんこそばコース」と

通常のメニューを

選べるようになっており

私だけが「わんこそばコース」に。

 

ちなみに、わんこそば100杯で

もりそばに換算すると

7杯なんだって。

 

2人の応援を受けながら

いよいよスタート。

 

まずは、何種類もの

薬味が運ばれてきたよ。

 

 

 

 

 

でもインターネットで調べたら

「薬味を食べたら達成は遠のく」

書いていたので

 

もったいないけど

ここは視界に入らないものとする。

 

お盆に小さい器が15個乗ってて

それを食べ続けるんだけど

70杯くらいから

とにかく飽きてくるのだ。

 

80杯くらいから苦しくなって、

「麺が硬いです」

「札幌から来たんです。」と

仲居さんにイチャモンを付け始める。

 

90杯から意識が遠のき始めましたが

なんとか101杯を食べ達成!

 

 

 

 

 

 

 

 

「東家さん」はさすがに老舗だけあって

お店の中も趣きがありました。

 

先代が猫好きということで

猫の置物が沢山あったよ。

 

 

 

 

 

なんと学生時代の秋篠宮様も

いらしたんですと。

 

 

秋篠宮様は20杯だったとか。

女子か。

さすが皇室の方は上品ですねー。

 

わんこそばを101杯食べたからと言って

人生において何か役に立つかと

言われればアレですが

 

わんこそばのお店は

札幌にはないので

とてもいい想い出になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、本場の盛岡冷麺を

食べて帰りたいという吉井代表の

望みを叶えるべく

駅内の冷麺のお店に。

 

 

 

 

 

 

私はゴム食べてるみたいで

冷麺は好きでなんだけど

吉井さん曰く

かなり美味しかったみたいです。

 

本当に食べまくった

今回の盛岡の旅。

 

最後を締めくくったのは

もりねこのボランティアさんから

「ぜひ食べて下さい」と言われた

「福田のコッペパン」。

 

駅には当たり前に売ってるんですね。

 

 

 

 

あんバターが絶品だったようで

吉井さんは美味しすぎたのか

飛行機の中まで

もぐもぐ食べてました。

 

 

 

 

 

1時頃、盛岡をあとにしました。

さよなら!盛岡。

 

人もあったかくて

本当に楽しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

大変なことも沢山あったのに

他人に対しても何でこんなに

優しいんだろう。

 

たまたまこの日にこの場所にいれた。

これからずっと今回の旅のこと

出会った人のこと

思い出すんだと思います。

 

 

大切な思い出を持ち帰り

火種がぱっと燃えて

パワーアップ出来るような

気がしました。

 

人と猫をつなぐっていうことは

人と人をつなぐこと。

 

またいつか行きたいな。

 

こにブログを見て

盛岡や「もりねこ」さんにいってみたいなと

思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

盛岡に行ってきました (前編)

 

先日(3月9日~11日)

ツキネコの吉井代表と

友人の3人で

東北を旅してきました。

 

行先は 岩手の「盛岡市」

 

3人のスケジュールを調整して

たまたこの日になりましたが

 

旅を終えて思うのは

巡り合わせだったとしても

 

あの震災のあった日に

東北で過ごすことになったのは

私達にとって

とても意味のあった事だと思ってます。

 

 

 

 

 

 

この旅の事は

NPO法人「猫と人を繋ぐ」

ツキネコ北海道のブログで

吉井代表が書いていますので

 

3・11への想い

 

 

私は出会った人達のことや

わんこそばを

101杯食べたこと(笑)など

 

楽しかったあれこれを

書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

3人とも岩手に行くのは初めて。

 

千歳ー花巻は

70人乗りのバスみたいな

飛行機だよ~と聞いて

バスに羽がついてるのを想像してたけど

当たり前だけど

ちゃんと飛行機でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

コーシーは出なかったけど

綾鷹は出たよ。

 

本当にあっちゅーま。

40分で花巻空港に到着。

 

 

家から出る時、ブーツと間違えて

長靴を来たこと以外は

何事もなく無事に盛岡に着きました。

 

 

 

 

 

しっかり長靴で 「ちーす!」

 

 

ホテルにチェックインしたあと

今回の旅の目的のひとつ

もりおかの猫カフェ

「もりねこ」さんへ。

 

もりねこさんの事も

吉井代表がブログに書いているので

併せてお読み下さい。

 

 

盛岡に上陸

 

 

想像してた通り「もりねこ」さんは

猫に対する愛情が

本当にたくさん、たくさん

詰まった場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年12月にクラウドファンディングを

達成させた

「ハンディ猫たちのための」シェルターも

見学させてもらいました。

 

 

 

 

 

札幌では多くの愛護団体が管理センターに

介入しているため

現在は、猫も犬も殺処分は

ゼロに等しいですが

 

盛岡の場合はキャリアの子や

身体に障がいをもっていると

「譲渡不能」という理由で

保健所で殺処分されてしまいます。

 

ハンディのある子たちも

「生きなおす場所」を見つけてあげたい。

 

そこで「もりねこ」では

クラウドファンディングで

資金を集め、同じ建物の5階に

この場所をつくりました。

 

5階にはキャリアの子たちが

沢山いましたが、みんな

のびのびと幸せそうでした。

 

 

キャリアだという

「はーちゃん」

子供のタヌちゃんも

キャリアだとのこと。

 

どしっとした身体に

愛嬌のある顔。

 

いや~、めんごいな。

ツキネコにもファンが

いっぱい出来そうな子でした。

 

 

 

 

 

もりねこの皆さん、

(猫もふくめて)

幸せな時間をありがとうございましたー。

 

 

 

 

 

そうして

盛岡の夜は更けていく・・・

 

 

 

 

 

(後編に続く)

 

 

 

 

 

© 2017 なにかれ貿易. All rights reserved.

Theme by Anders Norén.